美味しく漬かりました

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

先日、Facebookのタイムラインでご紹介した、
沖縄県産の自然栽培黒人参が、
美味しく漬かりましたぁ。

自然栽培黒人参の粕漬け

贅沢に、粕漬けにしちゃってます。

これと、胡瓜と昆布を、一緒に包装したんですが、
真空包装するのに、90分も掛かって、

しかも、汗びっしょり(笑)

昨日から、沖縄は完璧に夏空になって、
作業をした台所の大気温度も、かなり上昇しています。

そのせいで、真空包装器の温度設定に問題が生じて、

今までの調子で包装してやるると、
ヒーターのエッジで、袋が切れてしまうんです。

これ、専門用語で「エッジ切れ」と言って、
食品包装の世界では、エンジニア泣かせなんです。

僕は、その世界で十数年間お世話になったので、
解決策も判っているつもりでしたが、

十数年ぶりのリアルな「エッジ切れ」に、
大汗を掻く破目に、なっちゃいました(笑)

ちなみに、

使っている包装用の袋は、
100ミクロンのナイロンポリなので、

エッジで切れても、シールに漏れなど起こりませんが、

切れてしまっていては、
見た目が可愛くないですよね。

実は、これって、

日本人だけの拘りで、
海外の物流では考えられない価値観なんです。

計量誤差も無視、包装形態も無視が普通の、
海外の物流現場を体験すると、

日本に帰ると、クラクラしますよ、ホントに。

実際、ユーザーが購入するのは、
包装してある中身ですから、

パッケージが可愛いとか、
あちらでは関係無いのも頷けますし、

そんな意味では、日本の物流は、
無駄なところにお金を掛けている、

そんな気も、しないでもありませんけど、

日本人の美意識と言う意味では、
こうした考え方も、僕は嫌いではありません。

まあ、とにかく、

大汗掻いて包装しましたので、
利用者の皆さんに、ご自宅で美味しく食べて頂ければ、

僕は何より幸せです。\(^o^)/

真夏、はじまる?

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

真夏、始まる?

容赦ない感じの、真夏の太陽が、
ジリジリと照っている北中城村です。

今年の夏の扉が、勢い良く開いた感じですね。
お手柔らかに、お願いしたいなあ。

テレビ、ラジオ、新聞とは無縁の生活なので、
梅雨がどうなったかも、知りませんが、

実は、自宅兼治療所のこの建物の中で、
僕の書斎のみ、エアコンが設置されていません。

…というか、随分前に壊れたので、
撤去してしまいました。

暑かったら、他の部屋へ行けばイイや…と、
気軽に考えていましたが、

スカイプなどの通話アプリ系セッションがあると、
書斎に缶詰になってしまうため、
別の部屋への逃避作戦は使えません。

特に、ホロスコープ療法のような、
2時間クラスのセッションは命懸けです(笑)

そんな僕の、悲惨な就労風景とは裏腹に、
猫たちはエアコンの効いた居間で、スヤスヤとお昼寝。

まあ、この子たちが幸せなら、
僕は満足だから、イイかなぁ。

…というわけで、
今日も午後から、

星読み(ホロスコープ)のお仕事、
汗を掻きながら、楽しみま~す。

ある皮膚科医との会話

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

つい最近、年配の皮膚科医の男性と、
お話しする機会を得ました。

ある皮膚科医

今から30年前、出張先の現場で、
毒性の強い溶剤を長期間、かつ加圧状態で、
吸い込んでしまったコトをキッカケに、

僕は難治性の乾癬を発症してしまい、
身体全体が白い鱗片(りんぺん…※後述します)に覆われるくらい、
酷い状態になってしまったのだけれど、

食事を基本とした自然療法で、
時間は掛かったけれど、完治に至ったコトを話しました。

皮膚科医の世界では、乾癬は不治の病ですので、

実際に、目の前の僕が快癒しており、
しかも薬を使わなかったコトに、彼は相当驚いたようでしたが、

さすが、皮膚の専門家でもある彼は、
乾癬発症の仕組みにも詳しく、

今後のためにと、色々とアドバイスを下さいました。

そんな中で、僕自身うっかりしていたのが、
皮膚への刺激が、乾癬を悪化させるという事実でした。

そうなんですよ。

怪我をしただけで、患部は乾癬症化しやすいし、
例えば、猫に引っ掛かれただけでも、

そうした刺激を受けた部位は、乾癬症化しやすいのです。

乾癬症化した患部には、
乾燥した魚の鱗のような、白濁した瘡蓋が出来ます。

これを、鱗片と言うのですが、
痒いし、見た目も悪いし、ついつい剥したくなって、

ですが、剥すコトが新しい刺激になって悪化し、
これを、繰り返してしまう。

だから、治り難い、
というか、治らないワケですね。

僕は幸い、オステオパシィをするために、
そして、ギターを弾く都合もあって、手の爪は伸ばしません。

ですので、自分で自分の皮膚を、
傷付けてしまうリスクは、比較的少ないはずです。

小さなコトですが、
快癒に至った理由の一つだったはずです。

また、もう一つ彼が教えてくれたのが、
日光を浴びると、乾癬は勢いを失うという事実…。

これについても、毎朝のウォーキングが、
知らず知らずのうちに、乾癬を鎮めていたのでした。

また、飲酒を止めたコトも、
乾燥から来る痒みを感じ難くさせてくれていますので、

忘酒生活も、良い影響となっているコトは確かです。

ちょっとした、生活習慣の建て直しで、
医学的に不治とされる皮膚病でも快癒させるのですから、

完全に、日頃の食事情と関係の深いアレルギー性の問題、
例えばアトピーや、喘息などが、

ひかりあめでは、快癒率100%!だという点も、
きっと、ご納得頂けると思います。

毎日、当たり前のように、
自然との調和を心がけ、医療から縁遠くなっていましたが、

たまにはこうして、医師と話してみるのも、
自分をみつめるキッカケにもなったので、

今後は、毛嫌いするより、
良くも悪くも情報源だと思って付き合ってみるのも、

案外、楽しいのかもしれません(笑)

屋号が変わって…

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

屋号を変えた後も、雑務は幾らでもあり、

次から次から見つかる課題に、
少々クタビレ気味です(笑)

こんなに大変だとは、思わなかったよぉ!
…と、叫びたいかも。

もちろん、

ホームページやフライヤーの変更も、それなりに大仕事でしたが、
今日の午前中は、電子レジと格闘していました。

今朝、作業をはじめた時は、電子レジの印刷する屋号を、
新しい表記に変更するだけのつもりでした。

ですが、10年使ったキートップを眺めているうちに、

最近のケアメニューに沿って、
新しく作り替えたくなってしまったため、

予定していた15分間から、
12倍の3時間をも費やしてしまったのです。

新しいキートップ

でも、3時間掛かっただけのコトはありました。

電子レジは、毎日使うアイテムでしょ。

そのキートップが新しくなってみると、
気分も一新するモノなんですね。

当たり前かぁ(笑)

この電子レジ自体は、2006年に購入した機械で、
10年使ってますが、特に故障もなく、

消費税が8%に切り替わったときも、
案外スムーズに移行出来ました。

そんな、機能的なコトより、
昨日までの、そのキートップときたら…、

販売してない商品や、
実施していないセッションでイッパイで、

そこまで気にしていないつもりでしたが、
いざ、新しくなってみると、

不便なキートップを、
我慢して使い続けていたんだなぁと、
思わざるを得ません(笑)

青色申告に励んでいた頃は、
データの保存義務なんかのせいで、
キーの移動や内容変更ができませんでしたが、

一昨年から白色申告に戻したおかげで、
そうした変更は自由にできるため、

何だか電子レジを新調したような感覚です。

しかも、ご覧のように、
未使用のキーまで準備出来てますよね。

将来、ケアメニューが増えても、
大丈夫なようになってるんですよ(笑)

とりあえず今は、
増やすつもりは、無いですがね(笑)

どちらにせよ、

気分を一新して仕事に取り組めるというのは、
無意識の浄化にも繋がりそうですし、

今回、勇気を振り絞って屋号を変えたコトが、
僕にも、ひかりあめにも、

そして利用者の貴方にも、
良い変化を引き寄せるキッカケとなれば嬉しいです。

唄う調和療法家

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

昨日の今日ですが、
僕の唄う調和療法家としての、
初の大きな仕事を告知させて頂きます。

hikariameyusuke

北鎌倉で活動されている、
アロマセラピストであり占星術家でもある、
海香さんからのご招待で、

来たる7月6日に、僕の単独ライブ&トークを、
させて頂くことになりました。

沖縄から、ギターを持って参ります。

そして、僕の最も得意なスタイルである、
PAの無い、つまり、
誤魔化しの一切効かない弾き語りをお届けします。

弾き語り…とは、本来、そういうモノです。
もちろん、僕の中ではの話しです。

僕が弾き語りをはじめたのは、
中学一年生の12月24日からでした。

その日の午前中、テレビで観たモノクロの洋画は、

一人の男性がギター一本で、
色々な場所で、困っている人や悩んでいる人に、
歌を唄って彼等を癒す内容の作品でした。

日本映画の「ギターを持った渡り鳥」と、
一緒にしないで下さいね(笑)

恋愛も、喧嘩も、一切ない、
本当にピュアな作品でした。

タイトルを覚えてないのが、残念です。

僕は、その主人公を観て、
これが僕の生き方だ!と、一瞬で感じました。

ちょうどクリスマスだったので、
両親を説得して、中古のギターを買ってもらい、
家に戻るや否や、弾き語りをはじめました(笑)

調弦(音の合わせ方)も知らないし、
コード(和音)も判らないし、
極めつけは譜面さえ読めない、

そんな僕が、弾き語りを始めたんです。

弦の音の高低を探りながら、
自分の唄いたい旋律を拾い出したんです。

弦の音程を、好き勝手にいじりながら、
和音も作ってみたんです。

こうして僕の、楽し過ぎる時間が始まりました。

当時の僕の家は、クラシック音楽以外は禁止で、
芸能人の唄う歌謡曲のような類は、
僕自身、全く知りませんでした。

もし、そういうモノを知っていれば、
彼等の曲を唄おうとしたんでしょうが、

何も知りませんから、詩も曲も、
自分で作るしかない状態からスタートしたワケで、

誰とも比較しないから、
挫折するなんて有り得ませんでした。

習得に時間は掛かったけれど、
楽しくポジティブな、良いスタートを切ったのです。

そして、譜面を読み書きできないから、
できた曲は、覚えるしかないし…。(笑)

なんとも、ハードルの高い弾き語りでしたが、
それから数ヶ月の充実した毎日は、
今でも良く覚えています。

学校から帰るのが、楽しみで仕方なかったなぁ。

その後、基本的なチューニング(調弦)を知り、
コード(和音)の存在も知り、
コード譜(歌詞とコードだけで演奏する楽譜)なんかも知って、

少しずつ軌道修正しながら、
仲間とも演奏できる状態に成長したのですが、

今でも同じ傾向で悩んでますが、
とにかく友だちを作れない人間だったので、

勢い、独りで演奏して唄うスタイルを、
純粋に楽しむ割合が、圧倒的に多くなってました。

その流れのまま、今に至ってしまったんですね(笑)

しかも、妹のピアノの邪魔をしてはいけなかったので、
小声で唄うテクニックが身に付いてしまい、

これが、僕独特の、
癒し系で、風のようなヴォーカルを生む、
キッカケとなったのです。

人生には、無駄が無いよね(笑)

前置きが、長くなりましたが、
こんな僕の、不思議な星の話しと、
弾き語りに興味のある方は、

北鎌倉で一緒に楽しみましょう。

海香さんお手製のおつまみと、
沖縄の泡盛も楽しめちゃうそうです。

お会いできることを、楽しみにしています。

\(^o^)/

ひかりあめ ゆうすけ
星音味(ほしおんみ)トーク&ライブ

3次元惑星・地球に、
僕たちは何をしに来たのか…

日時 7月6日(水)14時~17時
参加料 15,000円(税込み)
場所 北鎌倉 Natural Herb
泡盛、宇宙おつまみ付

・地球という奇跡の星を理解する
・太陽系という奇跡のシステムを理解する
・2012年12月に、何が起こるはずだったか
・現存する、アトランティスを沈めた負のエネルギー
・3次元を体感することで得られる学びとは何か?
・誰もが持つ無限の可能性を引き出すために

→海香さんのブログ記事
→参加申込みフォーム

屋号が変わりました

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

昨日、11年間愛用した屋号を変えました。

「花療法」を外すのに、
こんなに勇気が要るとは思わなかったです(笑)

かなり前から、悩んでいたのですが、

昨日の午前2時2分の上限の月、大安吉日、
そして、5.14の数魂にも応援され、

ついに、重かった腰を上げました(笑)

僕の初著を読んで、
ホームページやブログに辿り着く方は、
戸惑わせてしまうかもしれませんが、

一番戸惑っていたのは、
他ならぬ僕だったので、

今回の決意を、多めにみて頂ければ幸いです。

もちろん今でも、
フラワーレメディストでもありますが、

やはり、今の僕は、
調和療法セラピストの方が、
断然しっくりします。

自分のセルフイメージの最終バージョンは、
唄う調和療法家(ルビ:セラピスト)…なんですが、

どう、思われます?

(笑)

芸能界に馴染めず、シンガーを止めましたが、
まさか、治療の一環としても唄えるとは、
思ってもみませんでした。

人生って、ホントに無駄が無いですね。

ホームページをはじめ、
色々と修正に追われていますが、

これも魂の計画の一部ですので、
しっかり邁進します!

反対派

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今朝、生食用の野菜を買いに、
朝8時からオープンする、
イオンの食品売場へ行きました。

売場の一画に、小規模ながら、
有機無農薬栽培のコーナーがあるので、
そこを当てにして出かけたのですが、

残念ながら、
欲しい野菜には出会えませんでした。

ティッシュペーパーだけ買って、帰ろうとしたとき、
物凄い勢いで、僕にぶつかったオジサンがいました。

年の頃、60~70歳というところでしょう。

薄汚れたTシャツに、
「辺野古新基地建設絶対反対!」
…と、殴り書きされたモノを着て、

前方を見ずに、小走りしていたのです。

仲間らしき男性が、あと二人いて、
彼等と何かを話していたため、
僕に気付かなかったのでしょう。

彼等は、手に沢山のスイーツを抱えており、
イオン内に設置された長椅子2本を占拠した彼らは、
おもむろにそれらを食べ始めたのです。

ブログのタネにしてやろうと、
彼等をしばらく観察していると、

色々な愚行を、やってくれるコト。

断っておきますが、僕は、
反対派…と称される方々とは、
まったくウマが合いません。

反対するだけだからです。

その反対行為に、一体何の意味があるのか、
未熟な僕には、全く理解出来ません。

昨晩、徹夜で辺野古にいたのでしょうか、
その疲れを癒すために、大量のスイーツがいるのか、

糖尿の気配すら漂う彼らの身体に、
それが良いか、悪いかは別として、

まあ、ココまでは、理解できたとしてもです。

どうして、あんな小柄なオジサンたちが、
大きな長椅子を2本も独占する必要があって、

そして、汗と埃で汚れた服を、
長椅子の上品な生地になすりつけ、

しかも、ゴミを散らかしながら、
スイーツを貪る必要があるのでしょう。

当然、孫にいる世代ですよね。
あんな姿を、いつも孫たちに見せているのでしょうか。

そうこうしているうちに、
お腹の満ちた彼らのうちのひとりが、
トイレに入って行きました。

モノの数分で出て来ましたが、
なんと、トイレのシンクを使って、
顔を洗って、身体を拭いて、

そして、着替えまで済ませたようのです。
さっぱりした表情が、その事実を証明していました。

すると、他の二人も、
最初の男性に倣って、トイレに入って行きます。

あまりにも、非礼な彼らの行動に呆れた僕は、
彼等に続いてトイレに入り、

トイレの床を水浸しにして、
身を清める彼らに、ひと声かけました。

 お孫さんのいらっしゃる世代ですよね。
 こんな姿、お孫さんに見せてるんですか?
 公共の場を、こんなに汚して、
 心が痛まないのですか?

すると、その中の一人が、
気まずそうに、コチラ(僕)をみましたが、

何も言わずに立ち去りました。
当然、トイレの床は、水浸しのママです。

呼び止める気力も沸かず、
水を拭き取る道具もなく、
茫然とする僕が、そこにいました。

おかげで、ブログのタネには確かになりましたが、
もう、二度と来ないで欲しい人たちです。

onaga

写真は、辺野古新基地反対派の第一人者、
わが沖縄県を代表する翁長県知事です。

僕の、最も信用していない人間の一人です(笑)

那覇市長時代の疑惑も、テンコ盛りの彼ですが、
辺野古問題で、一躍人気者になりました。

人気と人間性は、全く別物であることを、
彼は、身体を張って教えてくれてます(笑)

有難うございます。

世界規模のリセットが差し迫る!

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

以下の動画を観て、ピンと来る方はご準備下さい。

コブラ・レジスタンス・ムーブメント、
そして、アントワインからのメッセージ。

地球に大規模な変化を引き起こすための、
広大な計画が何年間にもわたり準備されてきました。

この計画は、

地球の住民とエコシステムの濫用に、
終止符を打つための、
公正な法的手段を取ろうとするものです。

なぜ私たちが、このことを、
前もって、知っていたかと言いますと、

内部の者から、私たちの準備のために、
情報提供があったからなのです。

この移行期については、以下の点をご理解ください。

①政治家、大手企業や大手銀行のオーナーなどは、
人類に対して犯罪を犯し、多額の金を略奪し、
私たちの社会構造、メディア、金融などを汚して来ました。

②レジスタンスが組織され、
地球解放のために公的機関の内部者がその者たちを、
合法的に逮捕し、公正な裁判にかけます。

③マスコミは、いままで起きてきたことの、
明白な証拠を提供します。

④金融機関は3日から15日間閉鎖されます。
皆さんのお金が、無くなるわけではありません。
誰もが豊かになるような、
新たなフェアーなシステムに置き換わるだけです。

旧来のシステムは、実際の価値とは無関係の、
バーチャルな負債に基づいていました。
それによって、一握りの人達が、
世界中の金を盗んで操ることができたのです。

銀行借り入れは全て帳消しになります。
個人間、企業間のまっとうな借金は存続します。
新たなシステムは、真の価値に基づき、公正な交換を確保します。
今まで盗まれた多額の富は、地球上の各人に再分配されます。

皆さんは、どのような貢献ができるでしょうか。

①平和的な移行を行います。
輸送・エネルギー・食料供給について、
一時的な中断があるかもしれません。

3日から15日間の生活物資は確保しておいてください。

②落ち着いてください。
これは戒厳令とか政変ではありません。

皆さんに、何らかの強制処分があるわけではありません。
暴力による復讐は許されません。
これは、公正な裁判なのです。

③情報を入手しましょう。
発表を入手して、話し合い、よく聞いてください。
自分なりのリサーチをしてください。

④皆さんの身の回りの対立や確執は、
仲間割れを起こして、武力行使をするために、
わざと作られたものです。

私たちは、皆と平和に暮らすようにできているのです。

⑤もし可能であれば、
他の人達への最低の必要物資の援助などをしてあげてください。

イベント(地球解放)が、
具体的にいつなのかは特定できませんが、

計画は着実に進行しています。

私たちは、豊かさと自由を得て、
平和に暮らせるようになります。

いままで隠されていた技術が全世界に開示されます。

人々のためのホンモノのプロジェクトや、
エコロジカルなプロジェクトが大量に起動します。

地球解放を!

最後の初代豆乳ヨーグルト

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

初代豆乳ヨーグルト

わが家で、数え切れぬほど使いに使った、
初代の豆乳ヨーグルトが、ついに発酵しなくなりました。

(T_T)

この写真の一杯が、最後です。

ドレッシング、パスタソースなど、
様々な純菜食料理で愛用しましたが、
どうやら雑菌に負けたようです。

生の玄米の表面に付着している乳酸器を、
豆乳で発酵させたヨーグルトでしたが、

数年前、どこかのサイトで情報を拾った先妻が、
面白半分で作ったものの全く発酵せず、

それどころか、腐敗して大変な状態になり(笑)
彼女が投げ出したところを、

仕方無く僕が継承し、美味しく食べられるレベルまで、
何とか引き上げて、今日に至りました。

何軒かのご家庭に、種を差し上げもしましたので、
どこかで、生き続けているかもしれませんが、

次は!
気分も新たに!

こちらからブルマンヨーグルト種を購入して、
全く新しく作るコトにしました。

多くの菜食料理家たちの推奨する商品で、
僕も今朝、発注したばかりです(笑)

ところで、ヨーグルトと言えば、
動物性の牛乳を発酵させた商品が有名ですよね。

生きて、腸まで届く乳酸菌…、

そんなコピーで有名な商品もありますが、
いつものコトながら、信じてはダメですよ。

この類のヨーグルトは、
例外無く常温発酵(20度前後)の乳酸菌なので、

摂取しても人間の体温に耐えられませんし、
食後に食べたりすれば、胃酸で死滅して腸には届きません。

ですから、仮に生きて腸まで届くとすれば、

運良く食前に摂取されたけれど、
高温の体温でヨレヨレになった、瀕死の乳酸菌だけです(笑)

一方、新たに購入したブルマンヨーグルトは、
40度前後と発酵温度が高く、酸にも強いため、

体温にも、胃酸にも負けず、
腸まで、しっかり&がっちり届きます。

ですが、前文を見て下さい。

次は!
気分も新たに!

…と、

2回も「!」を連呼する覚悟が要るんです。
なぜなら、種の値段が超高価だから…。

(T_T)

今度こそ、わが家の雑菌に負けぬよう、
ヨーグルトの培養は、慎重に扱おうと決意しました。

玄米ご飯の値段

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

僕は一日一食生活をしていて、
夕飯が、その貴重な一食の時なのですが、

毎晩、茶碗一杯の小豆入り玄米ご飯を頂きます。

京都産の無農薬玄米と、
北海道産の有機小豆を使っていますが、

正直言って、その一杯の値段については、
何となく…程度にしか理解していなかったので、

この際、計量もしっかり行った上で、
正確に調べてみました。

玄米

まず、玄米の方です。

宜野湾の私設市場で、定期的に購入していますが、
5キロ入りで税込み3132円の玄米です。

一般家庭における、
標準的な茶碗一杯の炊飯米は150グラムですが、

わが家では、一度に6合を炊いており、
その際、生の玄米60グラムが、
150グラムの炊飯米になるという結果が出ました。

ちなみに、

子供用の茶碗なら、100グラム、
定食屋等で使う丼茶碗なら、240グラム、
コンビニのおにぎりなら、炊飯米は100グラムです。

というコトは、5キロの玄米は、
茶碗で83.3杯の炊飯米になる計算になりますので、
一杯あたり、37.59円になります。

有機小豆

次に小豆です。

これは、スーパーマーケットの有機食材コーナーにある、
250グラム入りで税込み513円の有機小豆で、

6合の玄米を炊く際に、大さじ1.5杯を入れます。
重量に換算すると、21グラムでした。

250グラム入りの小豆を、21グラムずつ使うのですから、
6合の玄米を炊く場合には、一回につき43.11円掛かる計算となり、

茶碗一杯あたり、2.87円掛かる計算になります。

従って、玄米と小豆のコストを加算した40.46円が、
わが家の玄米ご飯の、茶碗一杯分の値段となります。

試しにコレを、
酵素玄米にランクアップした場合、

6合の玄米炊飯に対して、
50グラムの小豆が必要となりますので、

小豆だけのコストが、一杯あたり6.84円にアップしますが、
玄米の価格を加算した合計でも、44.43円でした。

あのモチモチで美味しい、憧れの酵素玄米でさえも、
なんと、44.43円ですよ!

お米と小豆を厳選した場合でも、この値段ですので、
家庭で食べる茶碗一杯分のご飯は、

実にリーズナブルな価格なのですね!

コンビニで売ってる、一番安い塩おにぎりでも、
100円前後だし、添加物もテンコ盛りだし、

その半額以下の値段で、
安心で安全な主食が、手に入っちゃうんです。

この事実、多くの人が知って欲しいなぁ。

そして、わが家もいつか、
酵素玄米にグレードアップしたいなぁ…と、
そんな野望(笑)の沸いた、素晴らしい計算結果でした。