聖なるまどろみ時間

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

先週、ひかりあめに素晴らしい展開があり、
浮かんだアイデアの具体化に集中したため、

メルマガの発刊すら出来ず、
こくばんブログまで休刊させて頂きました(笑)

今日ココに、
週刊メルマガとの同時発表で、

聖なるまどろみ時間…と言うネーミングの、
新セッションをご案内いたします。

智子さん担当のセッションです。

ことの発端は、彼女が瞑想を習慣化したことで、
幸せになる覚悟を決められ、

そのあと、どんどん人生が好転して行った、
…という話しを聴いたことでした。

一方、僕の方はと言えば、

4年程前に瞑想のワークショップに通って、
自身のメンタルの建て直しを図ったのですが、

その際の瞑想に対するイメージが良くなく、

瞑想とは難しく、さらには、
辛いものでしかなくなってしまったのです。

その後、必要にせまられた独学の末、
自分の好きな家事(料理や掃除、猫の世話)を通して、
意識が無になる時間を積極的に作るようにし、

これこそが、僕にとっての瞑想だ!と確信し、
それなりの成果も挙げることはできました。

その好例と言えば、約2年間に渡ってご提供した、
動物への遠隔治療でしょうか。

瞑想を通して多次元に繋がることで、
遠隔治療も可能となったのですが、

だからと言って彼女ほど、
瞑想が好き!と言える状態ではありませんでした。

ですから、彼女と結婚してから、
朝晩2回、瞑想を日常の中で楽しむ智子さんの姿が、

羨ましい…というか、
スゴイなぁ…というか、
自分にはない感覚で彼女を見つめていたのです。

そして、そうこうしているうちに、
7月末には、ひかりあめのスローガンが、

 くすりも、通院も、
 いらない暮らしへ

…から、

 薬も通院もいらない、
 元気でステキな暮らしへ

…と拡張され、

調和療法によって
病気や症状と向き合うだけでなく、

「元気でステキな暮らし」の象徴する、
日々の暮らしをよりハッピーにするための何かを、

体験できたり、シェアできたりする場所に、
ひかりあめを成長させたいね、と言うことになり、

具体的に何ができるか考えたとき、
無意識の浄化を習慣化できる楽しいワークを開発して、
利用者の皆さんに提供しよう!との結論が出て、

瞑想ではないけれど、
瞑想で得られるポジティブな効果はキチンと得られ、
瞑想より気軽で楽しい無意識浄化ワークを試行錯誤し、

その集大成が先週、カタチとなったのです。

本セッションで習得する「まどろみ時間」を、
毎日の習慣とすることで、
色々と素敵なことが起こっちゃいますよ。

・自分の中心に繋がれる
・ストレスが解消する
・頭がスッキリする
・リラックスできるようになる
・「独自の幸せ」に気づける
・「今ここ」の楽しさを見いだせる
・心の癖や葛藤を超えられる
・小さなことが気にならなくなる
・自分にとって大切なことがわかる
・望みが叶いやすくなる
・食事の問題(過食など)が解消される
・その人に応じた「バランス」「調和」が得られる
・近しい人に優しくなれる
・自然と、反応や思考、言動が変わってくる
・複雑に思えていた物事を、シンプルに捉えられるようになる
・願いが、深く広くなってくる
・直感力が高まる
・視野が広がる
・穏やかで、寛容になる
・気持ちが安定する
・苦しみよりも愛を選択できるようになる
・前向きに変化していける
・頑なさが解けていく
・物事に柔軟に対応できるようになる

…のような嬉しい変化を、
あなたも体験してみませんか?

本セッションは、
通所、もしくはスカイプでご利用頂けます。

スカイプは映像付きがベターですが、
音声のみでもご利用可能です。

ご利用金額については、

初回セッションが、50分で6000円
復習のためのリピートセッションが、20分で3500円です。
※いずれも税別価格です
倶楽部光雨でのご利用も可能です

何と言っても最大の特徴は、ワークショップではなく、
個人セッションだという点です。

実は、このセッションの開発を通じて、
僕が瞑想を好きになれなかった理由も判りました。

前述のとおり僕は、
瞑想の先生の主催するワークショップに通い、
数名の受講生と一緒に瞑想に取り組みました。

先生は一般的な瞑想の方法を教え、
僕たち生徒は、それを鵜呑みにして、
瞑想にチャレンジしたのですが、

そこに、僕にとっての、
大きな落とし穴があったのです。

その代表的なものが、
呼吸法であり、姿勢であり、
瞑想時間(瞑想の長さや頻度)でした。

聖なるまどろみ時間…では、
それを個人セッションとすることで、

その方にマッチした、心地良い呼吸法や姿勢を探り、
その方の今に丁度良い長さ(5分から20分)のまどろみをご提案し、

さらにはその方が、まどろみを楽しめる、
誘導音声をご提供いたします。
※必要な方は録音もして頂けます

誘導音声は、智子さんの得意分野で、
彼女の声には、不思議な癒しの波動も含まれていますので、

これまで数回試しただけですが、
僕は相当深く無意識に溶け込み、
極上のハッピータイムを過ごすことが出来ました。

ホームページでのご案内も、
近日中に開始いたしますので、
楽しみにお待ちくださいね。

なお、本セッションへのご予約は、
本日より承りますが、

ご提供の開始は、
18日(土)からとさせて頂きます。
予めご了承ください。

銀の龍

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

1日、通いの猫のコポちゃんが、
5日間連続して食事に来なかったので、
その日は朝から、とても心配していました。

治療所の調合キッチンには、
白い招き猫の置物があるのですが、
その子がコポちゃんに似ているので、

ついつい、その子を彼にみたて、
その日の夜、話し込んでしまいました。

 君がいないと寂しいよ。
 ライバルの雄猫と仲良くして、
 毎日食事においでね。

その後、5次元瞑想をして、
早めに就寝したのですが、

翌朝未明、意識の朦朧とした中で、
僕は龍と繋がりました。

初めての経験でした。

僕の暮らす、この沖縄は、
かつては琉球と言われたところです。

古来中国では、沖縄本島を大琉球、
台湾を小琉球と呼んだそうです。

琉球の名は、その昔、
龍玉、龍珠、
瑠璃球とも書かれた経緯があり、

言うなれば、
龍の御霊(みたま)と解釈できるのですから、

5次元瞑想を繰り返すコトで、
龍が呼応しないはずがありません。

前回、5月1日のブログで、
パートナーと一緒に、
沖縄の米軍基地を残らず森に返す、
そんな宣言をしたからなのか、

僕は体長5メートルほどの、銀の龍に乗って、
どこかの基地の上空を飛んでいました。

広く、殺風景な景色で、
ところどころに迷彩色の車両が止まり、
異様な雰囲気を盛り上げていました。

瞑想が切れ、龍が僕に、
自身の宣言を噛み締めさせたことを納得し、

必ず実現させる!と、
誓いをあらたにしたのでした。

そして、朝が訪れ、
午前7時前、草刈をしに玄関を出ると、

6日ぶりの、少し痩せたコポちゃんが、
食事をしに帰って来ていました。

涙目の僕は、
心を込めて彼に朝食を用意し、
そして、龍に感謝したのです。

日本神道に伝わる、
龍神祝詞をシェアいたします。

いつも龍たちは、
僕たちを守護してくれていますが、
僕たちが彼らを意識せねば、
彼らの波動を受け取れないそうです。

龍たちの舞う次元への、あなたの扉を開けましょう。

龍神祝詞

(とおと)み奉(まつ)る龍王龍神は
大宇宙根源の大神(おおかみ)
御息吹(みいぶき)にして
天空をた走(ばし)
地空に漲(みなぎ)
一切を産み育て
万物(よろずのもの)
統べ給へる源泉(みちから)なれば
至心(ししん)の妙意を帯(てい)して
御名を唱奉(となえまつ)
至誠(しせい)の心一筋に
仕奉(つかえまつ)ることの由を
受引き給ひて
諸々の罪穢(つみけがれ)
万物(よろずもの)の病災(やまい)
祓ひ清め給へと
祈願奉(こいねぎまつ)る事の由を
聞食(きこしめ)して
心の内に念じます大願を
成就なさしめ給へと
(かしこ)み恐みも白(まを)


※この曲を聴きながら龍神祝詞を唱えて龍を呼びましょう

新メニュー「アストラルクリア」のご案内

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

スタッフとも打ち合わせを行い、
新ケアメニューは、表記の通りに決定致しました。

この日の投稿でお伝えした通り、

タイトルにある「アストラル」とは、
無意識の中で最も高次にある微細身体域で、

僕たちの魂と寄り添っている部分です。

新メニューのアストラルクリアでは、
この領域にポジティブなイメージを定着させ、

良い引き寄せを可能にしようとするモノです。

一種のイメージ療法なのですが、
一般的なイメージ療法と大きく異なる点があります。

通常、この手のセッションでは、
ヒーラー(施術者)と対面で座ったヒーリー(利用者)が、

ヒーラーの言葉の誘導に合わせて、
ヒーリー自らのイメージの軌道を修正し、

目指す自身の将来像を具遺体的に想像しながら、
右脳を活性化させる等の手法を取って、

無意識サイドに、良いイメージを送ろうとします。

ところが、僕もそうなのですが、
こうした誘導に全く乗れない人も多いモノです。

それは、交感神経が優位になっているからに他なりません。

身体が、どんなにリラックスしたフリをしても、
自律神経レベルで正しい反応をしていなければ、

つまり、副交感神経が優位にならねば、
無意識の領域にメッセージを届けるコトは出来ないのです。

一方、ひかりあめでサトル・オステオパシィを受けた方は、

例外なく副交感神経が優位になり、
施術後には、最上級のリラックス状態にあります。

すっかり寝入ってしまって、
起こすコトが気の毒な利用者も、大勢いらっしゃいます。

ですから、このサトル・オステオパシィ効果を利用し、
施術後に適切な誘導を行えば、

比較的簡単に、
アストラル域を浄化出来るのではと気付いたのです。

つまり、この新ケアメニューは、
サトル・オステオパシィとセットでご利用頂く、

プラスアルファ・セッションとなります。

ひかりあめのサトル・オステオパシィを、
何度か経験されている方なら、

20分のショート・オステオパシィとの組み合わせでも
アストラルクリアに辿り着けるはずです。

最も効果的な方法は、
事前にカウンセリングを行い、

自身のどういった観念が、
魂の成長を阻んでいるかを探り出しておき、

その観念を上書きするために、
どんなセルフイメージが必要かを決めておくと良いでしょう。

アストラルクリア自体は、
1500円の追加料金で実施いたしますので、

20分のショート・オステオパシィとの組み合わせなら、
2900円+1500円…にて、

40分のロング・オステオパシィとの組み合わせなら、
5000円+1500円…にて、

アストラルクリアまでのフルセッションを、ご利用頂けます。

なお、サトル・オステオパシィの施術時間に加え、
10~15分の所要時間が必要となります。

なお、セルフイメージを決めるための事前カウンセリングは、
アストラルクリアを実施する当日でなくとも、
実施日以前のご利用で、全く構いません。

20分、もしくは50分のカウンセリング・セラピーからお選び下さい。

内容によっては、アストラルトラベルを楽しめる方も、
生まれそうな、そんな予感がします。

本メニューは、11月13日(金)から実施させて頂きますが、
事前のお申込みは、本日より承ります。

腹式呼吸の効用

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

過日の、リンパに関する4日間連載の最終日でも、
腹式呼吸の持つ可能性について、

色々とお話しをさせて頂きました。

その後も、色々な文献をひっくり返す中で、
さらなる発見がありました。

まず、データ的なコトになりますが、

腹式呼吸は、胸式呼吸と比較して、
8倍の空気量が、肺に流れ込む!というコト、

それから、その空気量に便乗して、
脳に供給される酸素量も、
胸式呼吸の4倍になる!という2点です。

この差は、物凄いですよね。

人間は、眠っている時には、
自動的に腹式呼吸に切り替わるのですが、

それは、新鮮な酸素を沢山取り込んで、
身体の修復をしようとするためなんですね。

特に、仰向けになって横になり、
腹式呼吸を行うコトによって、

リンパの流れが改善され、
身体の免疫力が高くなる点については、
上記の記事でも、ご紹介した通りです。

また、立位や座位であっても、
その状態で腹式呼吸ができるようになると、

空気を吐き切った瞬間に、
物凄い力を発揮できるという実験結果もあります。

昔から言われてきた、「火事場の馬鹿力」のコトです。

同じように、どんな姿勢であれ、
腹式呼吸を意識して行うことで、
感情が穏やかになると言う実験報告もありました。

この「穏やかになる」という感覚は、
とても不思議なモノです。

良く言われるコトとして、感情には、
ポジティブなモノとネガティブなモノがあるので、

感情体という微細身体が、
物理的身体の外側にあると仮定する波動医学では、

身体のすぐ外側の感情層が、
ポジティブになったり、
ネガティブになったりすると表現しますが、

この腹式呼吸を意識的に行っていると、
変な例えなのですが、

感情層が透明になる、もしくは、感情体が消える、
そんな感じがしてなりません。

つまり、感情層や感情体と言うフィールドは、
その人がネガティブになった時にのみ、
その「場」を利用して、

激しく揺れ動いたり、
攻撃色を剥き出しにしたりするのではないでしょうか。

ひかりあめのサトル・オステオパシィでは、
頭蓋骨施術の際、仰向けになって頂きますが、

この時、意識して腹式呼吸をして頂き、
ご自身のなりたいビジョンを妄想して頂くコトを、
最近では積極的に、ご提案しています。

無意識に刻み込まれたポジティブなビジョンは、
僕たちのソースである宇宙に届き、
その実現が約束されるからです。

これも一種のアストラル・トラベルと言えるでしょう。

パートナーとなる貴女へ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

7月に注文してあった、
トゥモローランドのピンバッチが、昨日届きました。

一つは、もちろん僕のバッチです。

そして、もう一つは、
僕のパートナーとなる、未だ見ぬ貴女のバッチです。

ケイシィやアテナのような、
絶対に諦めない女性の貴女です。

普通の幸せからは、程遠いけれど、
至極の幸せが、僕たちを待っています。

もちろん、普通とは縁の無い僕たちですから、
ある意味、当たり前のコトとは言え、

準備は、整っているでしょうか?
覚悟は、出来ているでしょうか?

そして、今日から9日後には、

僕は56歳の誕生日を迎え、
その日を境に、
15年間続く土星期へと突入します。

人生の仕上げを意味する土星期を目前に、
子供じみたバッチを手に、
喜んでいる僕の姿に、
未だ見ぬ貴女は何を思うでしょうか。

補完の関係という言葉は、
パートナーシップでは不可欠ですが、

占星術家の多くは、ふたりの火星と金星、
太陽と月の角度から、相性を鑑定します。

ですが、ホロスコープというシステムは、
対極するモノ同士の中庸に、
目指すべき何かがあるコトを教えます。

アセンダントが牡羊座の僕は、
アセンダントに天秤座を持つパートナーが、
補完の関係となります。

牡羊座の純粋性と、天秤座の協調性の中庸が、
お互いの目指す何かと言うワケです。

そして、アセンダントがこの関係であれば、
すべてのハウスの起点が、
対極するサインを持つ可能性が高く、

そうなれば、生きる上での全ての局面で、
互いに補える関係になるでしょう。

僕は、自身の心身波動を高めながら、
貴女が現れるその日を、
静かにお待ちしています。

アストラル・ワークのススメ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

先の台風の後、店舗の玄関前の排水が、
詰まってしまうようになりました。

少しでも、まとまった雨が降ろうものなら、

玄関前は、まるで田んぼのように、
水浸しになってしまいます。

先程、オステオパシィを受診された方は、
来店時には水が引いていたのですが、

施術中に雨が降り、
気が付くと水浸しの玄関前に、
お客様の靴が、まるで島のように浮いていました。

困ったものです。
(T_T)

さて今日は、

朝、目覚めの微睡(まどろみ)の時を活用した、
とても楽しいワークをご紹介しましょう。

僕はこれを、アストラル・ワークと呼んでいます。

夜が明けて、目が覚めるという現象に、
貴方はどんなイメージをお持ちでしょうか。

単純に考えれば、睡眠を終えて、
脳が活性化し、日々の生活を再開する、

…そんなイメージでは、ないでしょうか。

確かに、その通りですが、

別の言い方をするなら、
睡眠中にアストラル界の旅を楽しんでいた魂が、

自分の肉体に戻って、
三次元世界の日常に帰ると言うコトもできます。

そのため、朝の、

起きて間も無いボーッとした瞬間は、
脳内では、アルファ波が出まくっており、

アストラル界から帰還した魂が、多次元の間を、
行ったり来たりしている、貴重なタイミングとも言えるのです。

実際、こうした微睡の時、

多くの人が、夢の中の出来事を、
現実のように感じる経験をしているはずです。

この、夢と現実の入り混じった、
言い替えるなら、アストラル界と三次元界が重なった瞬間、

僕たちは、昨日の話題となった、
自身の潜在能力に直接繋がっています。

ですから、この貴重な時間に、

自分が心から望む、
心地良い目標をイメージしてみましょう。

自分の目指すゴールを、アルファ波の出ている脳に、
具体的、かつ鮮明に、しっかり伝えるのです。

すると、自分の潜在能力が、
自身の目指す「方向」を、手に入れるコトになり、

その方向に向かって、
エネルギーを放出できるようになるのです。

慣れないうちは、
こうした微睡を楽しむだけでも良いのですが、

ぜひ、このチャンスに、
宇宙に向かって、自分の目標を宣言してしまいましょう。

但し、このワークは、
アラーム時計に叩き起こされるような目覚め方をすると、
上手く行きません。

この貴重な瞬間を、活かすためには、

成長ホルモンをしっかり分泌させる意味でも、
午後10時には就寝して、

朝の気配で目覚める必要があります。

実は、このワークを発展させたものが、
僕が再三お勧めする、アストラル・トラベルです。

自分のポジティブな目標を知った潜在能力は、
多次元空間の中でエネルギーを放射し、

成長しつつある五次元地球と同調したとき、
そこへの旅が可能になります。

僕の経験では、かなりポジティブで、
そして、かなり鮮明なイメージを持った時、

まるで、新生地球から招待されるような感覚で、
アストラル・トラベルが可能になっています。

この混沌とした三次元界の分離意識と決別し、
貴方の輝かしい目標を、貴方の現実に引き寄せて下さい。

呼吸とアストラル・トラベル

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

先週末お話ししたアストラル・トラベルと、
その前日にお話しした呼吸は、
どうやら、深い関係があるようです。

自らの乾癬治療をきっかけに、
僕はエドガー・ケイシーの偉大さに出会いましたが、

彼のリーディングの源は、
アカシックレコードでした。

ここには、この惑星システムに転生した生命の
過去から未来に渡るすべての体験の記憶が
偏見なしに記録されていると言われています。

ケイシーは、この神秘の図書館を通じて、
数々の有意義なリーディングを遺したのですが、

晩年の彼は、
このリーディングに入る瞬間について、
その様子を具体的に説明していました。

催眠誘導によって、特殊な眠りの状態に入ると、
アカシックレコードに辿り着くために、
彼独自の手続きがあったそうですが、

それが、まさに、
アストラル・トラベルだったようです。

そして、この体験に必要だったモノが、
完璧にリラックスした姿勢と、
理想的な呼吸でした。

僕は、まったくこの点を意識せず、
2日続けて関連した記事を投稿していたのですが、

生命活動にとって大切な呼吸を、
意識して向上させることで、

僕たちのアストラル体が、
時空を越えた活動ができるようになるようです。

実際、僕が良眠を手に入れられるようになったのは、
良い呼吸を意識して行ったことがきっかけでした。

リラックスした状態で呼吸に集中していると、
雑念の消えた瞑想状態に似たモノが訪れますが、

その時、意識のスイッチを切れば睡眠状態に陥りますが、
意識を保ち、五感をも連れ添って旅に出ることもできるようで、

その状態こそが、アストラル・トラベルなのです。

今日、ご紹介する映像は、
精神世界に理解の深いことでも有名な世界的女優、

シャーリー・マクレーンによる、
体外離脱体験をビジュアル化したものです。

自らに意志で、アストラル・トラベルを目指すモノにとって、
イメージを膨らませるための良い教材だと思います。

アストラル・トラベル

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

昨年の大震災から一年を迎えた今年の3月から、

毎週金曜日の夕方、
首相官邸前で、大飯原発の再稼動撤回を求める
抗議デモが行われています。

この3週間は、特に大規模な集会に成長しました。

プロパガンダ発信元の代表格であるマスコミは、
そこに集まる民意を無視し続けて来ましたので、
多くの日本国民は、この事実を知らないかもしれません。

先々週は12000人、先週は45000人、
そして今週は、10万とも20万とも言われる、
計測不可能な数にまで膨れ上がった人々が、

抗議の声をあげるため、
全国から首相官邸前に集まったのです。

いつの時代もそうですが、
現政権は、特に不甲斐なく、

国民の命より、一部の特権階級の懐を守るため、

福島第一原発より、
圧倒的に条件の悪い大飯を安全と認め、

再稼動をさせようとする姿勢に、
心ある大衆は、怒りの声を上げたのです。

まさに、水瓶座の時代を象徴する出来事です。

さて、ここで、
沖縄に住む僕のように、

参加したくても、遠過ぎて辿り着けない人々に、
僕は提案いたします。

一緒に、アストラル・トラベルのスキルを手に入れましょう。

聞き慣れない言葉ですが、
それは、幽体離脱のコトです。

僕はこの、幽体離脱という単語が、
オカルトチックで、好きになれないので、
あえて、アストラル・トラベルと呼びます。

魂の存在になれば、時空の制限はありませんから、
どこに暮らす人であろうと、
肉体の制限を越えた活動が可能になります。

リモート・ビューイング(遠隔透視)という
擬似技術も実際に存在し、
練習を積めば、自由にできるようになるそうです。

そこで僕は、色々と調べてみたのですが、
過去に何度か、既に経験しているコトが判明しました。

暗い部屋の中で、眠るために目を瞑っているのに、
部屋の様子が、はっきり見えたことはありませんか?

夢の中で、これが夢だと解って、
その世界を楽しんだコトはありませんか?

同じく夢の中で、
空を飛ぼうとした自分の足の下に、
大きな光の玉ができたことはありませんか?

僕は、あります。

一つ目は、最近も何度かありました。

二つ目と、三つ目は、
特に子供の頃、よく体験しました。

友達は、夢の中で空を飛ぼうとすると、
いつも低空飛行で何かに引っ掛かり、
うまく飛べないとボヤいていましたが、

僕は違いました。

夢の中で、空を飛ぶ練習をし続けた結果、
飛びたいと思うと、足の下に光の玉が生まれ、

自由な高度まで、空高く飛ぶことができたのです。

アストラル・トラベルと、
単なる夢との大きな違いが、一つあるそうです。

それは、アストラル・トラベルでは、
意識がしっかりしているというコトです。

単なる夢では、見ている情景に対して、
自分は受身の状態になっています。

しかし、アストラル・トラベルにおいては、
自分の意志を発揮するコトができ、

さらには、時空の制限を超越しているため、
それが実現するのです。

この事実を知り、僕は嬉しくなりました。
そして、このスキルを研きたいと、
本気で思うようになりました。

アストラル・トラベルが、自由に出来るようになれば、
世界の波動を高めるための活動にも
益々拍車がかかるでしょうし、

そればかりか、
ドンドン実現できるようにも、なるはずです。

進展があれば、
このブログでお伝えしますね。

是非あなたも、
一緒に取り組みましょう。