ホロスコープ療法のご案内

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

こちらの投稿で、すでにお話ししましたが、

かつて学んだ、インド占星術のスキルを活かし、
この秋に、僕は西洋占星術を学びました。

その後、西洋占星術に関する、
合計7冊の良書を読了いたしました。

地球外の高次な存在たちの叡智に触れ、
その素晴らしさに身震いしながら、
学びを深めた3ヵ月間でした。

そして、この技術を、

ひかりあめ独自の調和自然療法に活かすためには、
どうすべきかを陰陽数魂で読み解き、

その集大成を、
皆さんにご提供できるコトを、嬉しく思います。

単なる、占星術ではありませんので、
この新セッションには、命名も必要でした。

そしてそれを、ホロスコープ療法と名付け、
来年からの新メニューとして、
今日ココにご紹介いたします。

僕たちの魂は、
自身の計画した経験を体験するために、

特定の日時、特定の場所(つまり、両親)を選んで受肉し、
それぞれの「人生」が始まります。

そうした、魂のシナリオ全体の特質的な部分と、
10の計画を知ることが出来るのが、
出生時の天空図=ホロスコープなのです。

かつての占星術は、吉凶を占うためのものでした。

しかし実際には、

吉に喜び、凶を憂うための技術ではなく、
吉にも、そして凶にさえも、魂の学びを求めるものです。

判り易く、ご説明します。

ホロスコープ療法で判るコトの一つ目は、
その方の魂のシナリオの特質的な部分です。

これを幾つかの角度からご説明します。

多くの方は、ご自身の特質的な部分について、
特に自分が短所だと思っている部分、
出したくないのに、何故か出てしまう部分に焦点を当て、

そうした自身の特徴的な言動や考え方について、
悲観的になったり、落ち込んだりするモノです。

どうして自分て、いつもこんななのだろうか、

自分はダメなヤツだ、
何だって、こんな結果を、毎回経験するんだ!

…という感じに、です。

ですが、それには理由などなく、

そうすることで、実は自分らしさを、
発現しようとしていたのだとしたら、どうでしょう。

せっかく、自分らしさの表現しようとしているのに、

顕在意識が世間体を気にして、それを否定してしまえば、
個性の発現にロックがかかってしまい、

かつて、自身の魂が計画した経験を、
体験することができなくなってしまいます。

こうした本質的な情報を、客観的に知れば、
生きるコトが楽になると思いませんか?

そしてさらに、興味深いのモノが魂の10の計画です。

出生時のホロスコープの、
黄道十二宮に配置された、

月、水星、金星、太陽、火星、
木星、土星、天王星、海王星、冥王星の10天体が、

それを教えてくれます。

人生を楽しめている人々、幸せを体験している人々は、
言い替えるなら、この10天体を味方に付けている人です。

ですから、その10天体の活かし方と、
活かされていないときに起こる問題を知るコトができれば、
魂の計画を、しっかり経験することができます。

以上が、ホロスコープ療法のご提供する情報です。

ホロスコープを出すためには、
生年月日の他に、出生時刻と出生場所が判る必要があります。

正確な時刻、場所が判れば判るほど、
正確なホロスコープを作るコトができます。

時刻については、何時何分まで判れば理想ですが、
何時まででも、ある程度の正確さが望めます。

また、出生場所については、
都道府県情報だけでも大丈夫ですが、

沖縄における本島と離島のように、
明らかに緯度経度が離れている場合は、
島の名前までご提供下さい。

こうした情報を基に、ホロスコープを出し、
そこから解読が始まります。

ホロスコープの解読には、約2時間を必要とします。

これは、セッション前に行いますので、
少なくとも前日までのご予約をお願いいたします。

セッション中には、そうして収集した情報を、
整理しながらお伝え致しますので、
しっかりメモを取りながら、お聞き下さい。

セッションは、80分掛かります。

当面の間、対面セッションのみとさせて頂きます。

とても大切なコトを、沢山お伝えしますので、
実際に対面する形をとって、
信頼関係を築きながらの実施が必要と考えました。

施術料金は、カウンセリング・セラピーに準じ、
80分コース…税別9500円を適用いたします。

ホームページ上での掲載も、これから準備して参りますが、
まずは、こちらの公式ブログにてお伝えしました。

当ブログに、ご訪問頂いた皆さん、
良いお年をお迎え下さい。

陰陽数魂

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

ひかりあめのホームページに、
突然現れたそのバナーに
驚かれた方も多いと思います。

縁あって、周易と数霊盤に出会いました。

それは、日月の神様の、
二つのお言葉がきっかけでした。

正しくないものが正しい方に
従はねばならんと人民申して御座るなれど、

正とか不正とか申す平面的衣を
早う脱いで下されよ。
マコトを衣として下されよ、

マコトを衣にするには
心がマコトとなりなりて、
マコトの肉体とならねばならん、

マコトとは数ぢゃ、言ぢゃ、色ぢゃ、
その配列、順序、法則ぞ。

極め之巻 第十四帖

今の学者には今の学しかわからん、
それでは今度の岩戸開きの役には立たん、
三千世界の岩戸開きであるから、
少しでもフトマニに違ってはならんぞ。

廻りくどいようなれど
とつぎの道から改めなされよ、

出舟の港は夫婦からぢゃと申してあろう、
ミトノマグハヒでなければ
正しき秩序は生れんぞ、

素盞鳴命が、荒ぶる神、悪神ではなく、
人民の罪を背負って下さる救い主の
大神であることが判らねば、
岩戸はひらけんぞ。

新しき世界の宮は土地であるぞ、
住所(すまい)であるぞ、
永遠に在す神は住む土地であるぞ、
下には永遠の腕があるぞ。

極め之巻 第二十帖

フトマニとは、神代文字で書かれた占術歌集で、
モトアケと呼ばれる図をもとに、
真理を読み解く占いです。

その意味を知った僕は、
周易や数霊盤を調べはじめ、

数の持つ力に、魂が震えました。

ポイントは「三」であり、「キ」です。
そして「五」であり、「九」でもあります。

まるで暗号のようなポイントですが、
日月神示を読まれ方なら、
何となく解ると思います。

それらの数を引き出すモノは、
専用の3つのサイコロですが、
これが様々なコトを教えてくれます。

サイコロには216の目があり、
老陽、老陰が27パターンずつ、
そして小陽、小陰が81パターンずつ存在し、

その目の現れる様子から、
無限の情報を得るコトができます。

かつての理数系のスキルが、
ココでも活かされるようです。

通常の易では、
出てきた卦を元に鑑定しますが、

僕の陰陽数魂では、
卦が出るまでの数の流れも追い、

さらに数霊盤も照らし合わせますので、
その深さは計り知れません。

最近、特に沖縄では知名度の上がったマヤ暦鑑定では、
その人の持ち味や魂の方向を教えてくれますが、

僕がご提供したい陰陽数魂では、
実際に動き始めた皆さんが、
具体的に何を、どう選んで、どうすべきかを、

太古の占術と数魂で
読み解くお手伝いをしたいと思いました。

4月からご提供する予定で、
現在仕上げに取り掛かっています。

筮竹を使った易とは、
一味も二味も違う鑑定になります。

50分以上のオリジナルケアコースとして、
対面以外にも、電話やスカイプでご利用頂けます。

即時性が必要な鑑定のため、
メールベースでのご提供はできません。

もう少々、お待ち下さい。