奇蹟を起こそう

ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

この日の投稿で、
僕の中に、スサノヲの分霊があるという
ぶっ飛んだ(笑)お話しをいたしました。

スサノヲ
※Wikipediaより転載

そして、そのツトメを成就させるために、
ひかりあめの営業日を減らすコトもお伝えしました。

沢山、この足で歩き、
世界遺産で瞑想し、

彼の御霊と真摯に向き合っています。

もちろん、スサノヲの御霊は、
僕の中だけにあるワケではありません。

彼の御霊を受けた人間には、
ホロスコープに特徴が表れます。

一つ目は、アセンダントが、
牡羊座のかなり初期角度にあることです。

そして二つ目は、山羊座の、
これもかなりの初期角度に土星があって、

ミディアム・シーリー(MC)と、
ハードなアスペクトがあることです。

また、第6ハウスに、感受点が集結します。

こうした特徴がある人、
三つの特徴、全てではなくても、

一つだけでもある人には、
彼の御霊が宿っているはずです。

僕を含め、彼の御霊を宿す人々は、

この世界を大調和させるという、
トンデモなく大胆な奇蹟を、起こす使命を担っています。

誰にでも出来るコトではありませんから、
これは「奇蹟」と呼ぶしかありませんが、
僕は本気で世界を変えるつもりです。

奇蹟とは、起こり得ないことを起こすことですが、

奇蹟を呼び起こす人とは、
それを呼び起こすのに相応しい準備の整っている人のコトで、

心身は、軽く自由で、
※軽い=Light=光

断捨離や掃除を励行し、身辺の周囲の波動高まり、
※宇宙の高波動の受け皿を用意する

そして、自然や数魂を媒体に、
宇宙との交信を行っている人です。

また、明確なビジョンがあって、
そのビジョンを見て、感じて、触れる度に、
気分が高揚し、脈拍の高まる人です。

また人生には、一切の無駄が無いことを知っていて、
そうしたタイミングを逃さず、
感じ取って行動する人でもあります。

僕が、奇蹟を起こすに当たり、
足りない条件はココから先で、

それは、他者との繋がりを、
作れる人であるかどうかです。

他者の遣り方を認め、
彼らのもたらす直接的、間接的な資源を認め、

ジャッジをせず、
共存共栄の精神を大切にできるかどうかです。

寛大に認めることによって、他者の良い部分を、
自分の中にも見出すコトができます。

そうして、真の意味での「自分自身」に成り切れば、
奇蹟は必ず起こります。

こうして、言うのは簡単ですので、
何か、具体的な奇蹟を起こして、

それを皆さんにお見せすることで、
奇蹟は、自分の意志で起こせると言うことを、
僕はこの手で証明するコトに決めました。