フラワーレメディ講座、再開します!

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今朝発刊のメルマガでも予告しましたが、
モノの見事に、僕の天地がひっくり返りました(笑)

先週の金曜日のコトです。
夕方のひかりあめに、一人のご老人が来所されました。

70歳前後の男性です。

通り沿いに設置した立看板の文言が気に入ったので、
ぜひ、お話しを伺いたい!とのコトでした。

立看板には…、

ひかりあめの調和療法とは何か、
そして僕は、何者か、
どんな施術メニューがあるのか、

そんなコトが、ぎっしり書いてあるのですが、

そのご老人は、日頃から、
日々の通院と投薬に疑問を感じておられ、

ひかりあめの提唱する
「薬も、通院も、要らないくらし」に感動されたのだとか…。

そんな彼の、有難いお言葉も嬉しかったのですが、
ココからが、今回の奇蹟の始まりでした。

立看板の左下には、
僕のプロフィールがあるのですが、

彼は、そこに書かれていた
「2009年の初著出版後~」という文言を読まれたらしく、

 先生は、本を出されているそうですね!

…と、切り出されたのです。

そして、僕の本と一緒に、
治療所のフロントにサンプルとして展示してあった、
「植物のかたちとはたらき」も一緒に、
購入したいと申し出られたのです。

fandf

お話しを伺っている限り、
フラワーレメディをご存知とは思えなかったので、

 僕の本は、初心者の方でもお読み頂けますが、
 こちらの本(植物の~)は、かなり専門的ですので、
 オススメいたしかねます。

…と、馬鹿正直なアドバイスをしたのですが、
彼からは…、

 表紙の黄色い花に惹かれました。

…と、完全に予想外のお返事を頂戴し、
お売りしないワケに、行かなくなったのです。

不思議な気持ちで会計を済ませ、
幾つかのレメディ植物の話しをさせて頂いた後、

彼はとても満足そうに、
こう、おっしゃって帰って行かれました。

 家内が最近、心臓のバイパス手術を受けました。
 今度は彼女も連れ立って、電話してから参りましょう。
 あなたなら、わたしたちを助けてくれそうだ。

その日の深夜、今回の出来事を、

「植物のかたちとはたらき」を翻訳をされた、
谷口みよこさんに、FacebookのMessenger経由で、
その一部始終をお伝えしました。

僕も、この本の翻訳に参加させて頂いており、
その時のご縁で、彼女とは、
メッセージ交換をさせて頂いています。

その後、無事に出版となり、
フラワーレメディを愛する多くの方々に、
親しまれるコトになりましたが、

僕は手元に取り寄せていた何冊かを、
販売するチャンスも、
そして、理由も無いままに過ごしていました。

昨年2月のデータストレージの事故で、
ひかりあめの過去10年分のデータを消失し、

その中には、僕の作ったフラワーレメディ講座の教材、
数百ページも含まれていました。

ですから当然、その事故を期に、
僕の講座は、閉講を余儀なくされました。

ですがこれも、宇宙の采配なのだから、
僕が講座を開講する必要が無くなったのだろうと、
勝手に解釈していたのです。

一昨年の離婚を期に、
ヒーリングショップや雑貨店から卒業し、
治療所色の濃くなったひかりあめでは、

この「植物のかたちとはたらき」のような、
フラワーレメディを学びたい人向けの本を、

治療を受けにいらっしゃる方々に、
販売する理由が、僕には見つけられませんでした。

なのに、そんな特別な本を、
通りすがりのご老人が、お買い求めになったのです。

しかも、その理由が、
表紙の黄色い花に惹かれた…から。

こんな珍事、谷口さんに、
お話ししないワケには行きませんよね(笑)

ですが、その出来事を、
彼女に伝えた直後、

この本を教材に、新しい講座を開講している、
未来の僕が見えたのです。

何故、気付かなかったのでしょう。
本当に不思議でなりません。

原書でも読了しており、
翻訳にも参加して、だから細部まで知っていて、
その素晴らしさを、
深く理解していたつもりだったのに、

この本が、自分の講座のテキストになるとは、
全く想像できませんでした。

あの日の、あのご老人が、
僕にチャンスをくれたのです。

そして今月24日は、フラワーレメディの開発者である、
エドワード・バッチの生誕130年にあたります。

この最高のタイミングを目指して、
開講しよう!と決意するのに、時間は掛かりませんでした。

ご存知のとおり僕は、如何なる協会にも所属せず、
数ある代替療法の一つのツールとして、
フラワーレメディを使う立場ですが、

年間2000件の臨床と、
過去にはレメディ製薬をした実績もある、
普通ではない経歴の持ち主ですので、

地に足のついたフラワーレメディの臨床と製薬を、
僕にならお伝え出来る自信もあります。

また、フラワーレメディの講座が出来るなんて!
しかも、最高のテキストを携えて!

その喜びは、本当に、
天と地が、ひっくり返る程でした。

いえ、ひっくり返りました(笑)

…というワケで、僕にしかできない、
フラワーレメディ講座の再開を、ココに宣言します!

これから、しっかりと計画を立て、
24日のエドワードの130歳の誕生日を目指し、
良いカタチで告知できるよう努めます。

初心者から、超熟練者まで、
フラワーレメディと生きようと決めた方にとって、
最良の選択肢となる講座に仕上げます。

今回の新しい講座は、
エドワードと二人三脚になる予感があります。

必要なら、チャネリングでも、何でもします。

そのために僕は、
5次元と繋がれるようになったのかも。

\(^o^)/

ワークデスクを広くする

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

数日前、天地がひっくり返るくらい、
嬉しいコトがありました。

そのご報告は、近日中にさせて頂きますが、

今回頂戴した、
素晴らしいチャンスを活かすためにも、

ワークデスクを、もう少し広く使いたいと感じ、
色々頭をひねったのですが、

問題は、デスク上の面積の大半を占める、
パソコンを何とかせねばという結論に至りました。

奥行き60センチのデスクに対して、

本体の奥行きが24センチ、
キーボードの奥行が12センチで、
奥行の合計が36センチもあるパソコンが、
設置されてるんですから、

書類を広げられるのは、
手前の奥行24センチの空間しかありませんので、
手狭に感じるのも、無理はありません。

かと言って、大きなデスクを買うのはナンセンスです。

じゃあ、パソコンが置ける分だけ、
デスクの一部を拡幅してしまおう!と決め、
こんな細工をしてみました(笑)

机の一部を拡幅

判りますか?

パソコンが置ける幅だけ、
デスクの一部を別の木材で拡幅したんです。

手元にあった10センチ幅の集積合板を使って、
工作大好きのキャリアを活かして繋ぎました。

これに加えて、

パソコン本体とキーボードの一部を、
4センチほどオーバーラップさせるコトも出来たので、

これらの作業のおかげで、
奥行き40センチもの作業空間が誕生しました。

16センチも、奥行きが広がったコトになります。

しかも、出費はゼロ!
嬉しいぃ!\(^o^)/

拡幅に成功したデスク

こちらが、リフォーム後の、
僕のワークデスクです。

普段は、あまり感じませんが、
写真でみると、なんとも殺風景ですね(笑)

ちなみに、

デスク、チェア、そしてデスクライトとも、
大好きな無印良品製です。

デスクも広くなったコトですし、

今回頂戴した素晴らしいチャンスを、
良い企画になるよう、しっかりと練るつもるです。

治療所玄関をリニューアル

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

entrance

治療所玄関の軒下に、
通い猫たちの家を設置しちゃいました。

灯油タンクを収納するケースに、
ノコギリで穴を開けた簡易なモノですが、

しっかりと雨は凌げます。

蒸れないように、高床式にもなっていて、
風で飛ばされぬよう、ウエイトタンクが載ってます。

この2個のウエイトタンクは、
駐車場入口に使用していたモノの再利用です。

どこまで、猫が好きなんだ!って、
ツッコまれてるのが判ります。

どこまででも!です。
思い付く限り、妥協無し!です。
きっぱり!

10匹の通い猫たちのうち、
生まれたばかりの5匹は自立し、

不仲な老猫夫婦は、
もっと良いネグラを見つけたのか、
月に2回くらいの来訪に減り、

最近、ひかりあめを定宿にしているのは、
例のカップルがメインですので、
とりあえず、この大きさで充分でしょう。

リアル招き猫として、
しっかり働いてくれるのではと、
期待してます(笑)

世の中には、
猫を嫌いな人もいらっしゃるでしょうが、

自分が体感不可能なため、
全く理解出来ておりません。

あしからず。

この子たちが、甘えて擦り寄って来ると、
彼ら目当ての蚊に、僕が刺されたりもするのですが、

疲れは、どこへやら吹き飛びます。

この子たちには、朝と晩の2回、
ドライフードと、自然食として花かつおを提供しており、

内容も量も、家の中の室内飼いの3姉妹と同じです。

去年までは、食塩無添加の煮干しも、
猫たちに食べさせていたのですが、

僕が、煮干を手に持っただけで、
可哀そうで涙ぐむようになってしまったため、
今年から提供を断念しました。

動物を傷付けない生き方を選ぶと、
こんな変化もあるんですね。

施術ご予約に関する2つのお願い

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

この7月から、

単独で治療所を切り盛りするようになり、
一カ月が経過いたしました。

また、大変有難いコトに、
当治療所独自の調和療法をご支持頂け、
ひかりあめ利用者様が、大変増えております。

そこで、今後も末永く、
バランスの取れた治療活動を続けるために、

今日は2つのお願いをさせて頂きます。
2件とも、施術ご予約に関するお願いです。

koyomi

①施術ご予約は前日18時までとさせて頂きます

これまでは、予約に空きがあれば、
当日でもご予約を頂戴し、施術させて頂きましたが、

スタッフのいない状態での運営は、
かなり無理があるコトが、この一カ月で判りました。

充分な対応をさせて頂くためにも、
今後の施術ご予約は、
前日18時までとさせて頂きます。

②漬物処方は一週間以上前にご予約頂いた利用者様限定となります

これまでは、一人でも多くの方へという思いから、

当日に施術のご予約を頂戴した利用者様にも、
そして、ご同伴で来所された方にも、

手作り漬物をご提供して参りましたが、

治療活動と併行した、確実な仕込みを継続させるため、
一週間以上前にご予約を頂いた、利用者様のみとさせて頂きます。

ご理解の程、宜しくお願いいたします。

祝!卒業

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日付けで、ひかりあめから、
スタッフとして手伝ってくれた次女が、卒業いたします。

ひかりあめが誕生して12年経ちましたが、
那覇から引越してからの約10年間は、
彼女は様々なカタチで、力を貸してくれておりました。

特に先妻が外れてからの最後の5年間は、
殆どフル勤務でした。

本当に、感謝しています。

これからは、自分の遣りたいコトを、
ガンガンやって欲しいです。

引き寄せの法則の類は、
僕より詳しかったりしますので、
社会的な成功は、彼女の方が期待できます。

なにせ、2ハウスで冥王星が高揚してますから、
彼女の才能が爆発したら、
大ブレイクも夢ではないでしょう。

…というわけで、

今後は、僕単独で、何もかも遣りますので、
施術中は電話に出られない!なんてコトもあるでしょう。

そんな際は、折り返して連絡させて頂きますね。

また、治療所内におけるアロマオイルの物販も、
これを期に、フェードアウトして参ります。

在庫限りとなりますので、宜しくお願いします。

sixofthought

ちなみに、今朝未明のカードリーディングでは、
僕は、このカードを引きました。

 平穏な時が、やって来る兆しがあります!
 嵐は、通り過ぎました。

 あなたの目的地は、
 もう目の前です。

 生活の中のストレスは次第になくなり、
 至福の時が、やって来るでしょう。

 海を越える旅、もしくは異国への旅が、
 あなたには必要かもしれません。

つい最近の瞑想では、
台湾で僕に見せたいモノがあると言われ、

そのメッセージを受けた数時間後に、
Facebook友達の台湾人女性から連絡があって驚いたり、

なかなか、興味深いシンクロが続いています。

ちなみに、このカードの言う「旅」は、
新しく素晴らしい啓示への導きも意味するそうなので、

ひかりあめとしても、
僕個人としても、

冥王星が山羊座の中央に居座るこの時期を、
最良のチャンスにするつもりです。

今日の投稿の最後に、
Facebookの僕のタイムラインでは、
何日か前にご紹介した内容なのですが、

宇宙と繋がるための、
強力なアファメーションをご紹介します。

とても強力なアファメーションなので、
地に足をしっかりつけて唱えて下さいね(笑)

 わたしは今、
 自分史上最高の存在だ。
 この瞬間も、最高の現実を創造している!

屋号が変わりました

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

昨日、11年間愛用した屋号を変えました。

「花療法」を外すのに、
こんなに勇気が要るとは思わなかったです(笑)

かなり前から、悩んでいたのですが、

昨日の午前2時2分の上限の月、大安吉日、
そして、5.14の数魂にも応援され、

ついに、重かった腰を上げました(笑)

僕の初著を読んで、
ホームページやブログに辿り着く方は、
戸惑わせてしまうかもしれませんが、

一番戸惑っていたのは、
他ならぬ僕だったので、

今回の決意を、多めにみて頂ければ幸いです。

もちろん今でも、
フラワーレメディストでもありますが、

やはり、今の僕は、
調和療法セラピストの方が、
断然しっくりします。

自分のセルフイメージの最終バージョンは、
唄う調和療法家(ルビ:セラピスト)…なんですが、

どう、思われます?

(笑)

芸能界に馴染めず、シンガーを止めましたが、
まさか、治療の一環としても唄えるとは、
思ってもみませんでした。

人生って、ホントに無駄が無いですね。

ホームページをはじめ、
色々と修正に追われていますが、

これも魂の計画の一部ですので、
しっかり邁進します!

レスキューレメディ入荷しました

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

レスキューレメディ入荷しました♪

お待たせいたしました。
レスキューレメディを、再入荷いたしました。

このロットも、これまで同様、
税別2000円にて販売いたします。

今回、輸入のための手続きをしていて、
円安の進み具合にビックリしました。

最近は、1ポンドが170円前後になってるんですね。

僕がストックレメディの販売を始めた頃より、
50円も円安が進んだコトになります。

値上げをするつもりはありませんが、

レスキューレメディ単品としての販売を、
今後も継続出来るかどうかは微妙です。

レメディを調合してお届けするサービスについては、

酒販免許の面でも、コストの面でも、
問題はクリア出来ていますので、

今後も同一価格、同一水準で、
お届けするコトをお約束出来ますが、

レスキューレメディの単品販売に関しては、
今後の動向次第では、断念せざるを得ないかもしれません。

…と、まあ、

予測しても仕方のない未来の話しは、さておき、
今回は無事に入荷しておりますので、

皆さまのご利用を、お待ちしております。

ホロスコープ療法に関する嬉しいお知らせ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

昨日の予告通り、
今日は、ホロスコープ療法に関する、
嬉しいお知らせをいたします。

先日、本療法の受診を希望される、
遠方の方と遣り取りをする中で、

技術的な問題等から、
映像付きスカイプセッションを、
利用出来ないコトが判明しました。

映像が必要な、最も大きな理由は、
ホロスコープの読み方をお伝えするためでしたので、

ということは、事前に読み方をお伝え出来ていれば、
映像の無いセッションが可能なコトに気付いたのです。

そこで、製作した資料がコチラです。

受診者用解説資料

タイトル通りのPDF資料です。

表紙を含まなければ、
わずか7ページの簡単な資料ですが、

これを事前に、少なくとも2回読んでおいて頂き、
その上でセッションをするコトになりました。

もちろん、暗記する必要はありませんので、
どうぞ安心して下さい。

ホロスコープ内円に点在する14の感受点のシンボル、
外円に点在する12の星座のシンボル、

そして、幾つかのルールについて、
簡単にまとめたドキュメントです。

つまり、本日2月1日より、
ホロスコープ療法に映像は不要となったのです。

\(^o^)/

ですから、何等かのカタチで録音が可能であれば、
スカイプである必要さえありません。

電話セッションの場合でも、こちらはIP電話ですので、
IP電話アプリで、録音可能なモノもありますし、

こちらと同じ電話アプリであれば、通話料さえ無料となり、
スカイプと何等遜色の無いセッションが可能となります。

ご利用者様の声に育てて頂き、
本当に嬉しく思います。

今まで、映像付きスカイプ環境が整わずに、
受診を諦めていらっしゃった方も多いと思います。

大変お待たせしましたが、
まさに今日、準備が整いました。

ご利用を、お待ち申し上げております。

治療室を模様替え

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

久しぶり…というより、初かもしれません。

治療室

午前中の空き時間を利用して、
治療室を模様替えしました。

最近は、特にカウンセリング・セラピーにおいて、
ご利用者に加えて、付き添われる方も多くなったので、
こんな感じに替えてみました。

ガラストップのデスクに清潔感があって、
なかなか良い感じです。

机上が広くなったので、
ホロスコープ療法でも、便利に使えそうです。

ちなみに、この部屋は、
僕の寝室としても機能していますが、

布団を敷くスペースが狭くなったのが、
難と言えば難かもしれません(笑)

トックリヤシも、窓辺で嬉しそうです。

この窓を上下にスライドさせると、
通いの猫たちの集う、防寒シェルターが目の前で、

運が良ければ、子猫たちともご対面できちゃいます。
猫好きには、たまりません(笑)

今日から、気分も新たに、
調和療法治療に専念できそうです。

明日は、そんなホロスコープ療法絡みで、
とても良いお知らせを、お届けできそうです。

楽しみに、お待ちください。

当ブログへのお問合せについて…

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

勘の鋭い方は、既にお気付きかもしれません。

メインメニューの「ホーム」ボタン右横に、
「お問合せ」ボタンを追加しました。

1月17日の投稿記事への、過去に例の無い大量アクセス以来、
当ブログのコメント機能が正常に稼働しなくなり、

頂戴したコメントは、
投稿記事の末尾にQ&Aのカタチで、
掲載させて頂いております。

この流れを受け、

当ブログの投稿記事に関する全ディスカッションは、
お問合せフォームをご利用頂く方式に統一いたしました。

お問合せ頂いた内容によっては、
今回のように、投稿記事の末尾に追記させて頂いたり、

必要に応じて、新しい投稿記事を起こしてお応えし、

個人的な内容であれば、
個別にメールにてお応えさせて頂きます。

ブログらしからぬディスカッションですが、
ひかりあめらしく、真摯に対応させて頂きますので、

お気軽にお問合せ下さい。

叱咤激励、トラックバックのお知らせなども大歓迎です。
今後とも、宜しくお願いいたします。