愛と不安…その4

人が不安を携える場所は、
物理的身体のすぐ表側にある感情体です。

その更に外側には、心や魂が存在しますが、
特に感情体は波動周波数が低いため、
時折肉眼で見ることができます。

オーラと呼ばれるものがこの部分です。

フラワーレメディでは、
セカンドナインティーンと呼ばれる第3シリーズの植物が、
この領域を担当しています。

手放したい感情に見合った植物のエッセンスを摂取したあと、
5分以内にワークを行うことを、僕は勧めています。

具体的には、自分に魔法をかけて頂きます。
魔法使いになりきるほど、良い結果が出るようです。

さて、この連載の初日で、
愛が陰化して不安になっていったという話しをしました。

陰化させるきっかけは環境がもたらしましたが、
それに対して、愛を陰化させる反応を、
自分自身が起こしたのだと説明しました。

つまり、刺激に反応したのです。

人間の脳は、
刺激をきっかけに記憶するようにできています。

愛を陰化させる刺激に出会うと、
その出来事をまず記憶し、

そして、その時の自分がどんな反応をしたか記憶し、
さらに、その結果どうなったかを記憶し、
最終的に、その刺激に見合う不安を生み出してしまいます。

ですから、似たような刺激があると、
その記憶を辿って、何度でも陰化させる反応をします。

これが、ネガティブな感情癖のメカニズムです。
マイナス思考というヤツですね。

つまり、何かの刺激をきっかけに、
自分自身に対して、
負の自己暗示をかけ続けているだけなのです。

ということは、
その反対の反応を意識的に起こせば、
不安は陽化して、愛に帰ることになります。

フラワーレメディを使って、
ネガティブな感情を手放すには、

まず、ゴムボールを入手して下さい。

エッセンスを飲んだら、
そのゴムボールに手放したい感情の念をしっかり込めます。

できるだけ、リアルな念を送って下さい。

十分に念が篭ったら、
思い切り壁に向かってゴムボールを投げつけます。

壁にぶつかる音をしっかりと聴いて下さい。
あなたの手元から、念の篭ったボールが放たれる瞬間を
しっかりと体感して下さい。

手放すという経験を、
意識的な刺激の中で行うのです。

そして、不安から自由になったことに感謝し、
この経験は十分に理解したことを、神様に宣言して下さい。

これで不要な感情と決別できます。

もし、うまく行かない場合は、
プロセスのどこかが不十分なのでしょう。

陰化させるときには、
反射的とはいえ真剣に取り組むのに、

陽化の場合は、
意識的に取り組まねばならないという点が難しいのです。

でも、だからこそ魂の学びです。

ちなみに日頃から、
感謝のツールを十分に使いこなしている人は、
陽化を反射的に起こすことができます。

彼らは、学びを通じて魂の格が上がっているので、
刺激に対する反応自体が、自動的に陽化を引き起こすのです。

4日間に渡って、
愛と不安について連載いたしました。

参考にして頂ければ幸いです。

明日から3日間、
ひかりあめはリフレッシュ休業となります。
ブログへの次の投稿は、週明けの16日です。

愛と不安…その3

愛の陰化した不安を語る上で、
もうひとつ外せないことがあります。

それは苦手意識や、
自信の無さに通ずる陰化した愛についてです。

平均的な日本人は、
500回前後の転生をしているそうですが、

僕たちはその500回を通じ、
いつも同じ問題で苦しんで来ました。

カルマと呼ばれる類のものです。

これを避けて生きると、
次の生でも、同じ悩みにつきあたります。

DNAの配列や、水の結晶の形に見られるように、
神様の計画は完璧ですから、

この魂の学びを避けることは、絶対にできません。

ということは、この問題を今生で決着をつけ、
魂の格を上げてしまうべきではないでしょうか。

とはいえ、これをクリアするためには、
問題が愛の陰化したものである以上、
昨日ご紹介した感謝のツールが、ここでも必須となります。

しかし、感謝をもって、
試練を受け入れることはたやすくありません。
それこそ、聖人レベルの人でなければ、無理でしょう。

でも、試練そのものではない、
日々の暮らしや携わる仕事についてなら、
その細部に至るまで、感謝を届けることはできるはずです。

もちろん、問題となる試練に対しては、
当面の間、真摯に向き合わねばなりませんが、

その周囲を取り囲む生活のすべてが感謝で満たされれば、
やがて試練にも感謝が届きます。

そして最終的に、
試練に対して本気で感謝できるようになれば、

その試練を理解したというサインが神様に届き、
カルマは存在の意義を失うのです。

このようにして感謝のツールは、

僕たちの魂の試練でもあるカルマをも、
消し去ることができるのです。

それでは、陰化した愛を陽化させるための、
フラワーレメディを使った具体的なプランをご紹介しましょう。

→明日に続く

愛と不安…その2

陰化した愛を陽化させる具体的な方法をお話しする前に、
なぜ陰化したのかを考えなければなりません。

昨日のブログの内容を復習しましょう。
環境因子が、愛を陰化させたのだと思っていませんか?

それでは、読み間違いです。

環境に対して、
自分自身が愛を陰化させる反応をしたのです。

環境とは、多くの人々に対して、基本的には公平に存在します。

そんな中で、陰化させる人とさせない人が存在し、
さらに興味深いことに、その陰化の程度も異なるのです。

つまり陰化の度合いは、人それぞれであり、
その気になれば陰化せずにすむ場合もあります。

これを言替えるなら、
陰化を食い止めるために必要なツールを
使っているか否かということになります。

その究極のツールとは、感謝です。

僕たちは何等かの被害を受けると、
受けた害にばかりフォーカスする傾向がありますが、

感謝のツールを使える人は、
この場面を巧みに乗り切ります。

先日来店されたお客様のお母様は、
左足を酷い痛みに襲われ、
お手洗いに行くのに四つん這いの格好で2時間かかったそうです。

そして、この体験を通じ、
この先の自分に対して、強い不安を抱いたというのです。

急な痛みに襲われたひとりの人間として
ある意味当然の反応のように感じるかもしれませんが、

だからこそ状況は悪化するのであり、
深刻になるのです。

愛を、陰化させるだけさせておいて、
感謝のツールを、全く使っていないからです。

確かに2時間かかったかもしれませんが、
痛みに襲われなかった右足と両手を巧みに使って、

お手洗いに自力で行くことができたという事実に、
彼女は感謝すべきだったのです。

気付きましょう。

当たり前に存在する健康や幸せに対して、
僕たちはあまりにも無頓着です。

もっと感謝を深める生き方が必要です。

このように、血流に異常のある方が、
急激な気温の変化で激痛を感じるということは珍しくありません。

しかし、

確かに環境がそうさせたのかもしれないけれど、
血流を悪くする生活習慣に甘んじていたのは自分自身です。

そして、めまぐるしい日常を支えてきた身体に対して
感謝せずにいたのも自分自身です。

このようにして、感謝のツールを使い損ねると、
愛は陰化して不安となるのです。

→明日に続く

愛と不安…その1

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

不安とは何でしょう。

それは、
愛が陰化したものです。

はじめから、好んで不安を抱える人などいません。
一方、愛は好んで受け容れることができます。

ですから、不安を抱えているということは、

喜んで抱えたはずの愛を、
自分自身で少しずつ陰化させてしまった結果です。

でも、何のきっかけも無く
愛は陰化しません。

多くの場合、陰化させるきっかけは環境がもたらします。

住んでいる場所、家族や職場、付き合っている人々、
一方的に洗脳するテレビやラジオなどのメディア…、

他にも色々あるでしょう。

それらの環境に対して、
愛を陰化させる反応を自分がしてしまったため、

不安を抱えることになったのです。

ということは、
もし自分が大きな不安を抱えているのなら、

それを陽化させていくことで、
大きな愛を手に入れることができることになります。

そんなことができるのでしょうか。
結論から言うなら、必ずできます。

陰化させることができたんですから、
必ず陽化させることはできるんです。

もちろん、コツがあります。

→明日に続く