脊椎を労わる…後編

脊椎は、脳脊髄液の満ち引きするルートであり、
その良好な循環が健康体を育みます。

加えて脊椎には、多くの神経が集結しており、
各椎体が本来の位置から少しでもずれると、

神経に触れて痛みを伴ったり、
関連する臓器の機能を低下させたりします。

但し、その問題となるズレは、
0.5ミリ程度の極めて小さなモノですので、
レントゲン写真から見つけられる類ではありません。

また、エドガー・ケイシーの説明では、
第3頸椎、第9胸椎、第4腰椎の3個所に至っては、
魂とボディがコンタクトを取るポイントであるとされ、

人間が三位一体の生命となるための
最重要な部位としても、ケアが必要のようです。

こうした脊椎の機能的な問題を起こすきっかけは、
手術や骨折、事故などが挙げられますが、

最も影響を与えるのは、
日々の姿勢に他なりません。

特に背骨周囲の筋力の弱い女性は、
ちょっとした姿勢の問題が、脊椎を歪めるコトになります。

こういう風に話しが展開すると、
多くの人は「姿勢を正さなきゃ」と思い、
顎をひいて背筋を伸ばした自分の姿を想像します。

そして、例外なく、
ピシッと力の入った、立位や座位を思い浮かべます。

それはまるで、厳格な教師に説教されている
生徒のような姿勢でしょうか。

ですが、そんな力んだり、緊張したりする姿勢が、
長続きするワケもなく、

心地が悪くて続けられないと、
慣れ親しんだ普段の姿勢に戻ってしまうのです。

脊椎に良い、正しい姿勢とは、
確かに背筋が伸びた状態ですが、
満身の力を込めたモノではありません。

それは、重力とうまく付き合い、
バランスの良い楽なポイントを探した、
緊張の解放された状態を言います。

脊椎を伸ばしたその上に、
大きくて重い頭部を乗せる必要がありますが、

脊椎に対して前に、上に、バランスを取って頭部を置き、
首の筋肉の緊張が無い状態にしてあげます。

前に置くというのは、
物理的に身体の前に頭部を持って行くのではなく、
後に引くことを止めるという意味です。

上に置くというのも同様に、
頭部を引き下げるのを止めるという意味です。

首の筋肉が楽な状態になっているかどうか、
後頭部のすぐ下の筋肉を手で触ってみれば解ります。

同じように、胴体が長く、広くなるイメージを、
肩が解放されて、左右に広がったイメージを、
脚が骨盤から解放されたイメージを加えてみます。

背筋を伸ばした状態で、
すべてにおいて、解放したイメージを取りつつ、

重力と折り合いを付けながら、
程良く筋力を使っている状態が「良い姿勢」です。

さらに、歩いているときは、
足の親指が大地を蹴るイメージをします。

実際に、足の親指が大地を蹴る必要はありません。
あくまでもイメージで、十分です。

そうやって歩くコトで、
脊椎全体に対して良い刺激が伝わり、
その刺激は頭蓋骨まで響きます。

これらのワークが身に付いたら、
オステオパシーを使って自律神経の調整をすることで、

バランスの良い状態に復帰したあとも、
問題が再発しなくなります。

本来、身体は元気になろうとする力がありますが、
そのためには、条件を揃えねばなりません。

その条件のひとつが、正しい姿勢なのです。

脊椎を労わる…前編

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

オステオパシーを学ぶと、
脊椎の大切さを知るコトになります。

ひとつの椎体と椎体の間は、
殆ど動作しませんが、

首から腰にかけて、全部で24個の椎体が一斉に動くことで、
※腰椎の数の異なる、23個、25個の人もいます
脊椎は自由な表現を可能にしています。

そして、その内側を
脳脊髄液が脈動しているのですが、

脳から仙骨にまで達するこのうねりは、
約5秒のサイクルで満ち引きを繰り返します。

健康な人は、
この満ち引きのバランスが同じであり、
その結果、自律神経が調和した状態になりますが、

何等かの理由で、
満ち潮のサイクルが優位になったり、

反対に引潮のサイクルが
優位になったりすると、

自律神経に問題が生じ始めることになります。

前者の場合は、交感神経が優位になり易い状態に、
そして後者では、副交感神経が優位になり易くなるのです。

オステオパシーでは、
腰椎、胸椎、頸椎の問題を調整することで、
脳脊髄液のルートを正常化させ

頭蓋骨と仙骨を調整することで、
この満ち引きのバランスを調和させることができます。

エドガー・ケイシーの教えに従って、
ただ、ただ、純粋に、
学びを深めて行く中で、この事実に出会ったときは、

僕は、小躍りして喜びました。

フラワーレメディと一緒に活用できれば、
心身の不調から、いち早く脱することができるからです。

来年の春までに大改訂を予定している、
パーフェクトマスターの最終課程「プリパレイションズ」では、

サトルエナジー・アセスメントと一緒に、
家庭でも簡単にできる、
脳脊髄液の調整法をカリキュラムに入れる予定です。

ホームセラピーの中で、
自律神経を調整できるようになれば、

心療内科や精神科にお世話になる必要は、
限りなくゼロに近付くはずですからね。

わが家の猫のチアさんや、
犬のぶーたんにも、オステオパシーを試します。

特にチアさんは、
敏感に反応して面白いです。

実際、脊椎に沿ってブラッシングをすると、
猫も犬も喜ぶものです。

人間だって、背中をさすられると、
安心しますよね。

脊椎は、脊椎動物すべてにとって、
とても大切な場所であり、ケアの必要な部位なのです。

オステオパシーの伝統的治療家である
ウィリアム・サザーランドは、
脳脊髄液の満ち引きを「一次呼吸」と呼びました。

満ちたり引いたりするリズミカルな様子が、
呼吸運動に似ているからです。

しかも、脳脊髄という、
致命的な重要器官に生じている運動なので、

いわゆる、肺や横隔膜などによる空気交換運動と、
区別するためです。

完全な健康には、この一次呼吸メカニズムの、
損傷の無い自由放埓な運動が必要であり、

言い換えれば、この運動のいかなる拘束も、
何等かの病因となり得るというコトです。

脊椎を労わりましょう。

→明日に続く

対症療法の問題点

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

西洋医学を代表とする対症療法は、
現代社会における健康作りでは
欠かせない存在となっています。

病気や症状が、
そうした処置によって短期間で消えるため、
絶大な支持を得ているためです。

医療界や政府、そしてマスコミは、
こぞって、そうした「見た目の健康」をアピールし、
そんな風潮作りに躍起になっていますが、

これで良いワケがありません。

患者さんの生活習慣の問題について、
文字通り、身体を張って本人に伝えようとするものが
病気や症状であることは、

多くの患者さんは、
薄々気付いているようですが、

これらの身体からのメッセージを
対症療法で消し去ってしまえば、
必要な学びを得ることができないばかりか、

さらに危険な問題が、少なくとも2つ、
今後起こり得るであろうコトを
僕たちは知らねばなりません。

1つ目の問題は、

病気や症状が体表に現れようとするエネルギーを、
内部に抑え込もうとするために起こる弊害です。

一見すると、それらが消えたように見えても、
実際は、外に出ようとするエネルギーを、
内部に抑圧させているコトが殆どです。

アトピー治療に使用するステロイド剤が良い例です。

もし、症状を根本から消すことに成功しているなら、
ステロイドの薬効が切れても、
症状は再発しないはずです。

本来、痒みや腫れとなって、
体表に出るはずのエネルギーが、

ステロイドで処置している間は、
その問題を身体の内部に向かう力に変えてしまうため、

臓器を始めとする
身体の内部組織を傷める可能性があるのです。

そして2つ目の問題は、

そうした「出て来ようとするエネルギー」に対して、
薬物や処置が拮抗したことによる
エネルギー変質の可能性です。

バネに例えれば良く解りますが、
抑え込まれたモノは、必ず反発します。

そして、この反発しようとする力が極限に達すると、
力を貯め込んで一層強くなり、
手段を変え、別のルートから体表に現れようとします。

通常、そこには時間差が生じますから、
こうして再度出現した問題については、
原因の特定が困難になる場合も、少なくありません。

フラワーレメディやオステオパシーは、
優しいエネルギーで、
心身に刻まれたショックを癒します。

これによって、自然治癒力が刺激され、
セルフヒーリングのプロセスが発動するようになります。

フラワーレメディでは、メンタルな側面で、
オステオパシーでは、フィジカルな側面で、
こうしたプロセスが起こり始めると、

感情や体調に変化が起こります。

それは、元に戻ろうとする力であり、
またの名を、好転反応とも言います。

感情や症状を抑圧された生命は、
まるで、何らかの理由で傾いたまま動かなくなった
弥次郎兵衛のような存在ですから、

いつも、自然な状態に帰りたがっています。

自然療法は、確かに時間も掛かりますし、
好転反応に苦しむコトもありますが、

弥次郎兵衛が何度もブレながら、
本来のバランスの良い状態を取り戻すための
きっかけを作ってくれます。

もちろん、抑え込む療法ではありませんから、
その力が内部へ向かうコトもなければ、
抑圧された力が、別の場所から現れたりもしません。

但し、過去に受けた対症療法の数々による問題を
清算させることもありますので、

思いも寄らぬ結果に、驚く場合もあります。

どちらにしても、真の健康とは、
「見た目の健康」とは別次元のモノなのです。

祝、Kindle発売!!

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

5年前に発表され、最近になって日本語化が完了し、
昨日から予約販売が始まりました。

それが、Kindle Paperwhiteです。

パッと見た感じは、
ただのタブレット端末ですが、

これは、あのAmazonの巨大な書籍システムを背後に持つ
究極の電子Bookであり、

持ち歩ける図書館のようなモノです。

本は有料ではありますが、
一般書籍より安く購入できます。

Kindleのハードウェア自体も、
1万円を切った破格であり、
各社のタブレット端末より、格段に安く入手可能です。

メリットは色々ありますので、
興味のある方は、下のリンクから詳細をご覧下さい。

僕が、この端末の発売を心待ちにしていたのは、
プロパガンダの蔓延する世界に、

このツールなら、
刺激を与えることが可能だと感じたからです。

インターネットと書籍の世界は、
今のところ、大資本家たちによる情報操作がありません。

ですから、彼らにとって都合の悪い真実も、
ここからなら、拾い出すことが可能です。

もちろん、インチキ情報も沢山ありますから、
読者には、ホンモノを見極めるセンスが必要となります。

だからと言って、神経質になる必要もありません。

インチキな情報は、
その雰囲気さえインチキなので、
経験を重ねれば、すぐに解ります。

若者だけでなく、働き盛りの年代さえも、
読書離れが加速するこの日本では、

自分や家族の健康管理や未来設計を、
手軽に入手できるマスコミの情報だけに
頼り切っているというのは、とても危険なコトです。

大資本家たちと癒着しているマスコミが、
彼らの都合の悪いコトを、
電波に乗せるはずがないからです。

福島原発の事故がそうだったように、
真実は、テレビやラジオ、新聞からは入手できません。

かつて、僕の住んでいた楢葉町は、
自由に帰宅できるようになったそうですが、

放射能の問題は、何も解決していないにも関わらず、
マスコミ上の発表では、
収束に向かっていることになっています。

どれだけ多くの犠牲者を、
出すつもりなんでしょうか。

情報は自分で探すしかありませんが、
そのきっかけが少しでも多くなれば、

誤った情報に翻弄される人も、必ず少なくなるはずです。

Kindleなら、パソコンを持っていない人でも、
重い本を携帯しなくても、
老眼鏡を忘れていても、

いつでも、どこでも、読書を楽しめます。

もちろん、書店や出版社にとって、
これは脅威となるでしょうが、

この波を受け容れ、
新たなチャンスを見出して欲しいモノです。

改革を期に、色々な仕組みやサービスが
これまでも淘汰されましたが、

そうした影響で進歩を遂げた例も、
決して少なくありません。

Kindleの発売が、
世界の波動を上げるきっかけの
一つになりますように…。

お掃除しましょ

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

住まいの波動を高めるために
風水にこだわってもダメです。

究極の浄化は、掃除です。

天井のように片付いた床を目指し、
ゴミや髪の毛の落ちていない、
埃のたまっていない住まいに近付けましょう。

そのために最も簡単で、効果も上がり、
毎日続けられる掃き掃除をご紹介します。

僕は毎朝、店舗と自宅の床を、
掃き掃除します。

100平米ほどありますが、
20分も掛かりません。

用意するものは、
ホウキとハンディ掃除機です。

右手にホウキを持ち、
左手にハンディ掃除機を携えて下さい。

左利きの方は、この逆になります。

ちなみに、僕の愛用しているホウキはこちらです。

この商品のように、
箒草(ほうきぐさ)の穂で作られたモノが、
元来のホウキです。

自然素材で作られたものは、
静電気が発生しませんので、
髪の毛や埃も、簡単に掃き寄せるコトができます。

立ち止って、掃き寄せられる範囲の塵や埃を、
ホウキで集めたら、
間髪を入れずハンディ掃除機で吸い込みます。

つまり掃除機は、チリトリの代わりです。

通常、ハンディタイプの充電式掃除機は、
どんなに高級品でも10分の連続使用が限界ですが、

ホウキで掃き寄せた塵や埃を吸い込むだけなら、
充電具合を気にせずに、
かなりの広範囲を掃除できるはずです。

ちなみに、僕の使っているハンディ掃除機は、
カードの利用ポイントでもらった
ツインバード製の商品ですが、

こちらは、オススメではありません。

使い始めると数分でフィルターが目詰まりし、
音は一人前ですが、吸引力が半人前以下になり、

掃除を終える頃には、
本体が過熱し、少々危険な状態です。

また、何かの拍子に、フックが外れて本体が割れ、
ゴミが飛散することも多々あるので、
紙テープで補強して使用しています。

吸い込む相手が、髪の毛や埃が殆どなので、
何とか役目を果たしてくれていますが、
近日中に、新調するつもりです。

掃除機といえば、イギリスのダイソンが有名ですね。

最近、変わった扇風機を発売して話題になりましたが、
基本的には掃除機の専門メーカーです。

色遣いも、デザインも独特です。

目詰まりせず、排気が綺麗というのが、
この会社の商品のウリですが、
金額的にリーズナブルとは言えません。

色々調べましたが、
フィルターの目詰まりは、サイクロン方式であれば、
問題なさそうですので、

デザインも可愛く、
ひかりあめのニーズにあったこちらの商品を、
次回は購入するつもりです。

ご覧の通り、ダイソンの商品の
4分の一以下の価格で購入できます。

この商品を作っているメーカーは電動工具の老舗ですが、
僕もココの充電式ドリルを愛用しています。

掃除機は家電というより、
工具の様なタフさが必要ですので、

家電メーカーより、
こういったジャンルの会社の方が、
技術も一枚上手かもしれません。

一緒にご飯

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

夜中に猫のチアさんに起こされ、
彼女のためにご飯を用意します。

そして、用意するだけでなく、

食事が済むまで、
一緒に彼女の傍にいてあげます。

すると、食が進み、
食べ残すことはありませんし、
満足度も違うようです。

野良猫の場合、そうは行きません。

彼らは、いつも何かに怯えていますから、
餌を手に入れると、何処かへ持ち去り、
安全な場所で一人で食べます。

昨日、仕事が終わってから、
近くのコンビニに出かけたのですが、

痩せた白い野良猫が
食べ物を求めて、店先で鳴いていました。

店内で猫用フードを買い求め、
その白猫に食べさせるために、
人気の少ない安全な場所に、その子をリードし、

フードを差し出したのですが、
怯えて、僕の手元まで近付きません。

そこで、その場のエネルギーを、可能な限り良好にし、
フードを置いて50センチ程遠ざかると、

ゴニョゴニョと、何かを呟きながら
その子はフードに近付き、
ペロペロと舐め始めました。

チアさんのこともあるので、
食べ終わるまで、一緒に過ごしてみました。

野良猫も、
好きで一人で過ごしているワケではないようで、

普段は警戒する人間と一緒でも、
こんな時は、安心して食事をするようです。

すっかり、買い物が遅くなってしまいました。

その時、ふと、
自分の過去における一人暮らしの数々を
思い出したのですが、

必ず、近所の野良猫と関わっていました。

一人で過ごすコトの好きなはずの僕ですが、
精神の安定を、無意識に求めていたようです。

確かに臨床を思い起こしても、
一人暮らしをされている方は、
問題が長期化していました。

ペットを飼ったり、
僕のように、近所の野良たちと
関わってみてはどうでしょう。

ここにも、「支え合いの法則」が生きているようですよ。

重要性と緊急性

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

重要性と緊急性は、全く質が異なるはずですが、

いざとなると、うまく処理できず、
緊急性の高い課題に、影響され易いモノです。

一方、何があっても動じず、
自分のペースを貫く人もいます。

違いは何でしょう。

この二つは、実は出所さえ違います。

重要性とは、
自分の内側で沸き起こるモノですが、

緊急性は、
外部からの影響として降りかかるモノです。

本来、重要性という言葉の示す通り、
何があっても優先すべきが
重要性の高い選択肢であるべきですが、

日頃の重要性に対する認識が足りないと、
内側から沸き起こるエネルギーが小さいため、

大した問題ではない外部からの刺激にも反応し、
影響され、振り回されてしまいます。

その結果、遣り掛けていたコトが頓挫するため、
こうした影響は、大きなストレスとなります。

下手をすると、遣り掛けていたコトを忘れたり、
一から出直さねばならなくなったりしますので、

出来ることなら、
こうした状況は避けるべきでしょう。

そのためにも、
自分が何処へ向かっているのか、

そして、目標は何なのかを、
はっきりさせておく必要があります。

そうするコトによって、
重要性を優先させる生き方が、自然と出来るようになります。

何処へ向かうべきかについては、
自信のある方向を目指せば良いのです。

自信を開発する方法については、
この日の投稿を参考にして下さい。

自信に後押しされる方向へ身体が動くと、
魂が喜ぶので、幸せな気分に包まれます。

もちろん、難題に直面すれば、
幸福感とは縁通り、不安や苛立ちも感じるでしょう。

しかし、その壁の向こう側に、
自分の行くべき場所があることが確信できれば、

その問題を越える力が、
必ず湧いて来ます。

こうして、魂が成長し、
魂の乗り物である身体も成長するのです。

オススメのソフトウェア

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

5年使ったXPマシンが壊れてから、
新しいWindows7のパソコン上で仕事をしています。

殆どの作業環境の移行に成功したのですが、
その中で、最後まで問題となっていたモノがありました。

それは、グラフィクスの制作環境です。

ホームページの素材作りや、
店頭でお配りするポップや
印刷物のデザインに使うモノです。

もちろん、小冊子やポッケノートのも、
そうした中に含まれます。

旧XPマシンでは、アドビ社のパッケージ製品を使っており、
新しいパソコンでも、同じソフトの最新版が使えれば、
何も問題はありませんでした。

それが、こちらです。
Adobe Creative Suite 6 Design & Web Premiumと言います。

実売価格は、226,102円と大変高価です。

確かに、このソフトは優秀で、
印刷業界ではスタンダードとして扱われていますが、

個人事業者にとっては、あまりにも高額過ぎ、
しかも、技術サポートは殆ど無く、
使い続けるコトに疑問を感じていました。

そこで見つけたのが、こちらの商品です。
CorelDRAW Graphic Suite X6という製品です。

実売価格は、驚きの43,155円です。
値段の差は、歴然です。

色々調べてみましたが、日本人のサイトで、
このソフトを紹介しているところは殆どなく、

ハウツー関連書籍も出版されていません。

つまり、すべて自力で解決する必要があるワケですが、
もし、この製品が、
自分のニーズに十分であるなら、

価格差となる182,947円もの大金が、
そのまま利益になるぞと自分に言い聞かせ、

思い切って購入してみました。

結論としては、

アドビ社の製品と比べて、
使い勝手こそ、かなり異なりますが、
優れた点も沢山ある、良いソフトウェアです。

マニュアルも親切な上に、
学習用ビデオも提供されており、
すぐに使い始めるコトができました。

ちなみに、昨日更新した新しいコンセプトページは、
こちらのソフトで制作しました。

まったく、問題ありませんでした。

実は、この会社の製品は、
アップル社のMacを仕事に活用していた頃、
使った経験はありましたが、

当時は、お世辞にも
良いアプリケーションではありませんでした。

あれから、約10年の時を越えて、
再び利用してみたワケですが、

Corel社の成長は、立派です。

僕の場合、アドビ社製品からの乗り換えだったので、
37,773円の特別優待版を利用することができたため、

移行費用は、更に5,382円も浮かせるコトができました。

浮いた予算で、
施術用ベッドのタオル生地シーツや、
ハンディ掃除機などが新調できそうです。

万歳!!
ヾ(≧∪≦*)ノ〃

自信

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

空を飛べないコトを理由に、悩む猫はおらず、
夜、目が見えないからと、悩む鳥もいません。

当たり前のことですか?

猫や鳥に関しては、こうして問題無く、
客観的に判断できるのに、

何故か人間は、
他人に出来ることが自分に出来ないと、
自信を失い、酷く落ち込みます。

さて、日本人と外国人は、
その違いは一目で解るものです。

男性と女性も、
大柄の人と小柄の人も、
その違いはすぐに解ります。

一見して、明らかに自分と違う人とは、
あまり比較しようとはしませんが、

見かけが似ていれば似ている程、
そして、存在が身近であればある程、
比較してしまう傾向があります。

しかし実際は、万人全てが異なる存在です。

見かけは似ていても、存在が身近でも、
せっかちな人もいれば、
思慮深い人もいます。

社交的な人もいれば、
孤独を愛する人もいます。

例え双子であっても、
性格が異なるコトは多々あります。

外国人と自分を、
そして、動物や魚と自分を比べるコトの無いように、

他の如何なる存在とも、
自分を比べる必要はありません。

僕たち一人ひとりは、60兆の細胞からなる
無限の組み合わせを有する生命であり、

同じ存在はひとつもないからです。

自分が自分であるという事実を受け容れ、
信じて楽しむコトこそが、

僕たちの選ぶべき道であり、
ストレスとは無縁の、自信に満ちた生き方です。

他人に出来ることを羨むのは筋違いであり、
自分にしか出来ないことを評価し、
積極的に成長させましょう。

そして、

自信を持つというコトは、
確かに、自分を認め讃えるという意味ですが、

自分だけを評価した生き方は、
最終的に自己崩壊します。

自分を認める生き方の土台には、
自分以外の存在も、
認め讃えるという前提があるコトを忘れてはなりません。

昨日の投稿のテーマだった「支え合い」とは、
言い換えるなら「認め合い」でもあるのです。

支え合いの法則

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

セラピストとして生きる楽しみの一つは、
人智を越えた現象に、度々出くわすコトです。

労りや慈しみのポテンシィが高まると、
愛のエネルギーが物質化して、
対象者に届く現象です。

これこそ、癒しが成功した瞬間です。

発信側が届けようとするモノと、
受信側が受けとろうとするモノが一致したときに、
それは、一層確実に起こります。

ここに、神様の仕組んだ
支え合いの法則があるのです。

また、特にオステオパシーと関わっていると感じますが、

この手技では、
対象者が力を抜いている必要があるため、
自分で自分を施術することはできません。

手当療法の多くは、
こうして、支え合いの法則の中で機能しているのです。

歌でもそうです。

自分のために自分で歌っても、
感動もせず、涙も出ません。

料理や家事もそうです。

自分のためにはできなくても、
誰かのためになら頑張れます。

反対に自己中心的なモノは、必ず破城します。

原子力産業や政治の世界を見れば解りますが、
利権の入り乱れた分野ほど、
支え合いの法則が働かず自己崩壊します。

このシンプルな事実が、
全世界の人々に受け容れられると、
地球の波動は、最大限に高まるでしょう。

ちなみに、人間以外の動物たちは、
この法則を良く理解し、
日々実践しているようです。

そういう意味では、
人間が一番未熟な生命なのかもしれません。