過去への執着、未来への不安

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

僕たち人間は、過去に捉われ、
未来を恐れる傾向があります。

まず、手放せない過去について、
考えてみましょう。

いきなり衝撃的かもしれませんが、

あなたに、どんなに辛い経験が
過去にあったとしても、

経験や過去という存在は、どこにもありません。

そんなバカな、確かにあったぞ!経験したぞ!と、
反発されるでしょうが、実際には、

過去の経験や記憶に固執している、
「今」のあなたが、
「ここ」に存在しているだけです。

言い換えるならら、今のあなたの心が、
過去の出来事に対して拘り続けているだけです。

もう少し細かく表現すると、
現段階における、あなたの心の質が、

過去の出来事と共鳴して、
今のあなたの感情を揺り動かしているに過ぎないのです。

さらに、これと同じようなことが、
未来に対しても起こります。

今という時間に、過去を不快に感じているのですから、
この感覚を携えたまま、1秒後を迎えるコトになります。

そうです。
1秒後の未来です。

誰でも、明るい未来を望みますが、
残念ながら未来とは、今の延長線上でしかありません。

未来は明るいと信じたいのに、
同じ心の質のままで、1秒後の今を迎えましたから、
状況は何も変わりません。

思い切って、一年先を想像してみたとしても、

今の心が、過去の経験や出来事を不快に感じながら、
在りもしない未来を、
勝手に不安に思うだけなので、結果は同じです。

心の質が成長していないからです。

心の次元が同じである以上、
1秒先でダメなモノは、

1年後でも、10年後でもダメなのです。

結局、今ここにいる自分の心の質ひとつで、
人生全体を演出してしまうのです。

多くの成功者たちが「今が大切だ」と言っていますが、
それは決して哲学的な話しではなく、
実はこういうことなのです。

ですから、過去への拘りにしろ、未来への不安にしろ、

自分の波動を高くしてしまえば、
心の質も自動的に高くなります。

それではここで、
野生動物の世界に目を向けましょう。

草食動物は、例外無く穏やかな顔付をしていますが、
肉食動物のそれは、時として残忍になります。

前者は、波動の高い植物を食べているため、
自分たち自身の波動も高まるためです。

一方、肉食動物たちは、
念の籠った草食動物たちの肉を食べます。

獲物として殺される際の、恐怖の念の宿った肉、
親子や仲間を失う、究極の絶望感を宿った肉を食べるため、
どうしても、肉食動物自身の波動も低くなります。

人間が食用とする牛、豚、鳥などは草食ですが、
肉食動物は臭くて食べられないと言います。

かつて、ソロモン諸島に存在した人喰い人種は、
オーストラリア原住民のアボリジニーを好んで食べ、
西洋人の肉は臭くて嫌いだと言いました。

臭いということは、波動も低いということです。

ちなみに、アボリジニーたちはベジタリアンです。

食べるものだけで、
このように波動が変わるのです。

ですから、普段から動物性食品を食べている人間は、
当然、波動も低くならざるを得ません。

僕たちの身体は、肉体としての身体の外側に、
三層構造の微細身体を携えており、

内側から感情、心、魂の順で層を成しています。

肉体と魂では、波動が一次元以上異なり、
肉体に最も近い感情層は、殆ど肉体次元の存在です。

そして、宇宙意識に近い魂の層が、最も次元が高く、
心は、このふたつの層の間で揺れています。

感情的な人は、心の次元が感情層並みに低く、
理性的な人は、心の層が魂の層に近いため、
次元も高くなるのです。

食べるものなどの普段の生活(衣食住)が、
感情層を穏やかにし、

心の層を魂の層に近付けることで、
客観的であり、大らかにして大胆な心に変えていきます。

心の質が高まることによって、
過去への拘りも無くなり、
未来への不安も無くなるのは、

波動の上がった心が、
それらを全肯定できるようになるからです。

波動が上がれば視野も変わり、
自分一人しか見えない主観的世界から卒業し、

全生命がひとつであるという
俯瞰視ができるようになります。

それと同時に、万物の持つ陰陽の、
陽の部分を認められるようになるため、
意識せずとも全肯定し、ポジティブになれるのです。

フラワーレメディは、心の薬です。

心の波動を、
植物波動で高める働きがありますが、

これだけに頼って、心の波動を高めるよりも、
衣食住を自然則に立ち返らせることで、
一層効果が出易くなるのは、そのためです。

達人の愛するモノ

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

確かにお金は、
人生にとって必須アイテムです。

労働や努力の成果であり、
それらを元手に衣食住を切り盛りします。

働いたり、力を注いだりした、
結果であるはずのお金が、

物理的に手に取るコトができてしまうため、

もしくは、
欲しいモノを手に入れるための切り札となるため、

僕たちはプロセスとしての、

見ることができず、手に取ることのできない
労働や努力に対する自身の評価をせず、

結果として目の前に現れたお金に
意識を奪われてしまうのです。

人一倍頑張っていても、財布の中が寂しいと、
もしくは、口座残高が少ないと、
惨めな気持ちになるため、

余計、プロセスとしての自身の労働や努力を
評価できなくなってしまいます。

これは、もったいないことですし、
うまくいっていないときには、
楽しい気持ちになるはずもありません。

特に自営業者は、浮き沈みが激しいですから、
沈んでいるときに、どれだけ自分を評価できるかが鍵です。

かといって、調子の悪いときに、
毎日頑張っている自分を、評価し辛いものです。

そこで、提案です。

毎日、就寝前に、
例えその日が良い日ではなくても、

 今日は良かったなあ…。
 明日はもっと楽しくなるだろうなあ…。
 楽しい毎日を、有難うございます。

…と、本気で呟いてみませんか。

自ら脳波をコントロールし、
ワクワクした翌朝を引き寄せるのです。

こうすることで、見る夢も変わり、
離脱した貴方の魂は、
素敵な仲間を集めに宇宙を旅するでしょう。

もし、クヨクヨして、
ネガティブな状態で泣き寝入りでもしようモノなら、

貴方の魂は、どんなモノを宇宙から引き寄せるか、
想像するのもイヤですよね。

達人は、結果よりプロセスを愛し、
自分を、より成長させる脳波コントロールを
自然としているそうです。

そして、これこそが、
一日の締め括りの王道なのでしょう。

体内核融合

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

当ブログでは、生命の神秘について、
何度か触れて来ましたが、

世界の心ある科学者たちによって、
生体内における様々な元素転換が
既に証明されている事実を、最近知りました。

熱力学の第一法則である
エネルギー保存則に準じた現代栄養学にとっては、
それは、実に不愉快な実験結果です。

基礎代謝を下回る熱量の食事を繰り返えせば、
やがて餓死することになるというのが、
現代栄養学の考え方です。

しかし、不食や減食によって、
基礎代謝以下の食事で元気に暮らす人々は、
この世にはごまんとおり、

渡り鳥の中には、
何も食べずに数万キロも飛ぶ種もいます。

実際、もうすぐ20週目を迎える僕の減食でも、
体調の好転を日々感じています。

つまり、生体内におけるエネルギー保存則は、
とっくの昔に破綻しているのです。

生体内において
元素転換が行われているということは、

僕たちの体内でも
核融合が行われていることを意味し、

その力が、無限の可能性や、
人によっては超能力として発動すると思うと、

世界の超常現象も、色々と説明できそうで、
嬉しささえ覚えます。

やはり、生命は只者ではありません。

神様から頂戴した今回の人生を
最大限に生かすためにも

是非とも体内の核融合スイッチをオンにし、
その無限の可能性で、
世界のために貢献しようではありませんか。