神性と出会う…その3

地元の神社へのご訪問、ご苦労様でした。
何か、インスピレーションを感じましたか?

さて、この連載の初回で、僕はあなたに、
神としての自分を生きてみませんかと、お誘いしました。

神社で確認して頂きたかったのは、
ご神体として存在する鏡を、
あなたの眼で確認して欲しかったからです。

どこの神社もそうですが、
神社に参拝すると、社の中心に鏡がおいてあって、

祈りを捧げる人に、
その鏡は向けられています。

あなたも、それをご覧になったはずです。

そして、その良く磨かれた鏡は、
参拝するあなたの姿を、映し出していたと思います。

実は、ご神体は、鏡ではなく、
鏡に映った「あなた」です。

単に鏡がおいてあるのではなく、
あなたという、神に気付けという意味があります。

そして、鏡は「か・が・み」という音魂を持ちます。

その響きを、
じっくり味わってみて下さい。

か・が・み

か・が・み

か・が・み

真ん中の「が」を取ると、「か・み」になります。

鏡に映ったあなたから、我(が=エゴ)を取り除けば、
あなたは神になるという意味が、そこに在ります。

神として覚醒するためには、
エゴを捨てる必要があるのですが、

それでは、エゴとは何でしょう。

利己主義だとか、自分中心の考え方というだけでは、
エゴの意味を完全に理解したとは言えません。

実際、自分を大切にすることは、
神として生きる自分のために、最も大切なことです。

エゴを解り易く言うなら、分離主義です。

自分が他者とは別の存在であると、
認めてしまっていることです。

自分はこちら側にいて、
神はあちら側にいると信じることです。

この分離主義が、社会全体に定着していますから、
分離を基本原則として、
世界中のありとあらゆるものを見てしまいます。

あらゆるものがひとつであれば、
何も不足を感じるはずは無いのに、

分離してしまうため、
あちらにはあるけれど、
こちらには無いものができてしまいます。

ここで生まれる不足感が、
エゴの正体とも言えるでしょう。

道端の石ころは、掌にのせてみたところで、
勢いよく動いているとは信じ難いものです。

しかし、電子顕微鏡で覗けば、
石の中の鉱物分子の電子が、
物凄い速度で飛び回っています。

僕たちの肉眼が、
石という動かないひとつのものを、
認識しているだけで、

石という宇宙の中では、
電子たちは躍動しているのです。

それはまるで…、地球というひとつの塊の中で、
僕たちが躍動しているように…です。

神として生きるということは、
ワンネスを理解し、実践する生き方を選ぶことです。

僕たちは、大いなるひとつの存在でしかなく、
ひとつの存在の無限にある側面の
その一面が自分であることを理解し、

そのひとつの存在のために、
何ができるかを考えた時、

大いなるひとつの存在から祝福され、
多くの創造が可能になります。

ひとつの存在のために、
最高の自分なら何ができるか、

常に自分と問合せ、そして行動することが、
神としての生き方です。

自分を創造し続けることが、
神としての生き方です。

今のままでいいと誘惑される度に、
自分とは何か、それに反する証拠や
否定する状況にぶつかる度に、

自分を思い出し、再創造し続けることが、
神としての生き方です。

神性と出会う…その2

あれから、2週間経ちました。
自らの神性と出会う覚悟が決まりましたか?

それでは予告通り、
仕上げとして、あるコトを行って頂きます。

これから、地元の神社に行って来て下さい。
お寺ではなく、神社です。

社の開いている時間帯に出向き、
ご神体を確認して来て欲しいのです。

神社には必ずご神体があって、
多くの場合、丸い鏡が置かれているはずです。

これに、自分の姿を映して、
短時間で結構ですから、瞑想をして来て欲しいのです。

そして、そこで感じたことをノートに書き留め、
次のミッションをお待ち下さい。

この連載の最後となる次回は、
一週間後に投稿いたします。

日々のウォーキングに、ひと工夫!!

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

僕はセルフケアのために、
毎日20分のウォーキングをします。

ウォーキングに対する、
僕の提案は、これまでは以下の通りでした。

・呼吸は一定リズムで、軽く顎をひき、
 頭を真っ直ぐにし、視線は数十メートル前方へ

・背筋を伸ばして、肩の力を抜き、手を振って

・足の親指を意識し、踵で着地し、爪先で蹴るように

・坂道では歩幅を調整して、
 歩くリズムと呼吸のリズムが変わらないように

基本的に、この提案は変わりませんが、
もし、あなたの肩甲骨が、
四十肩や五十肩の危険性を孕んでいるのなら、

2番目の項目を、以下のように変更して下さい。

・背筋を伸ばして、肘を90度に曲げ、
 腕は前後に大きく振り上げ、
 肩甲骨が肋骨から剥がれる様子を意識して

…と、変更してみて下さい。

こんな文字の説明より、ひと目で解るように、
娘にイラストを描いてもらいました。

こんな感じで歩きましょう。

腕をしっかり振って歩きましょう!

腕をしっかり振って歩きましょう!

四十肩や五十肩とは、運動不足が原因で、
肩甲骨が肋骨に癒着した状態が引き起こします。

ですから、このスタイルでウォーキングをすれば、
脊椎が弛緩されるだけでなく、
肩甲骨が健全な状態に戻ることができるのです。

また、必然的に運動量も多くなるので、
代謝も当然良くなります。

何よりも、肩甲骨が喜んでいるのが解ります。

次のウォーキングから、
ぜひ、取り入れてみて下さいね。

ウォーキングとは、素晴らしい自然療法です。

水シャワーの効用

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

水シャワー入浴をはじめて、2ヵ月が経過しました。

この間、一度も、予防薬を含め、
喘息ステロイド剤を使っていません。

乾癬の外用薬も、全く使用していません。

一度もです。

息苦しくなることはあっても、
勝手に治ってしまうので、
薬との縁が無くなってしまいました。

乾癬に関しても、
足に小さな炎症が確認できる程度なので、
わざわざ塗布する気にもなりません。

世の中には、色々なステロイド剤がありますが、

僕は幼少期から喘息でしたので、
半世紀以上も喘息用ステロイド吸入剤を
使い続けて来たことになります。

また、30歳で発症した乾癬でも、
ステロイドの塗り薬を処方されていましたから、
こちらも四半世紀以上使いました。

怖い話です。

純菜食者になって喘息発作も減り、
乾癬も終息しましたが、

年に一度、主に年越しの頃に悪化するという
サイクルを繰り返していました。

去年の年末は、何ともなかったので、
しめしめと思っていたのですが、

今年春先のPM2.5騒動の頃に悪化し、
当時は昼も夜も息苦しく、体力的にも辛かったです。

その後、

一念発起して水シャワー入浴を始めて以来、
喘息とは全く無縁になり、
乾癬も悪化することは無くなっています。

腎臓の近くにある臓器の副腎は、
色々なホルモンを分泌します。

その数、数十種です。

ステロイド剤を使用すると、
その薬に含まれたホルモンを
副腎は分泌しなくなることが知られており、

その結果、ホルモンバランスが簡単に崩れてしまうのです。

ちなみに、ステロイド剤を塗り続けた皮膚は、
免疫抑制作用がでるため、
細菌やウイルスに対する抵抗力が弱くなり、

逆に皮膚の炎症が酷くなることがあります。

また、毛細血管が拡張して赤くなったり、
皮膚が収縮したり、色素が抜けることもあり、

男女を問わず薄毛になったり、

女性なら生理不順や排卵障害が起こり、
胸毛や髭が伸びて濃くなることもあり、

男性なら不妊もありうると言います。

これらは、自分で勉強して知ったことで、
医師から処方された際に、リスクとして聞かされたことは、
一度たりともありません。

日本の医療って、どうなってるんでしょうか。

ステロイドと無縁になって、まだ2ヶ月ですが、
僕の場合は、白髪が減りました。

このまま続けば、
髪の毛もフサフサになるのではないかと、
内心ワクワクしています。

ステロイド剤を使っている方には、
是非とも水シャワー入浴をお勧めしたいです。

お金もかからず、手軽で楽しいですよ。

神性と出会う…その1

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

あなたも覚醒しましょう。
自らの神性と出会いましょう。

超自我とひとつになれば、僕たちは神になります。

まさか!
冒涜だ!

…と思いますか?

宗教に洗脳されている方には、
この発言は冒涜と思われるでしょう。

でも、聖書のいたるところに、
「人は皆、神の子である」と書かれてますよ。

猫の子は、猫です。
犬の子は、犬です。

神の子なら、神のはずです。

もし、本当の自分を見つけて、
神としての自分を生きてみたいと思われるなら、

まず、このブログを隅々まで読破し、
そして、できることから実践して下さい。

基本となることは、自らの波動を高めることです。

少なくとも、
カテゴリー「自分の波動を引き上げる」にある
40の記事は、全て実践して下さい。

菜食は当然です。
神が動物を召し上がるはずがありません。

そして、仕上げに、
あることをして頂きます。

その方法は、2週間後にお伝えしますので、
このブログを読み、実践をしておいて下さい。