IPスマホ、試算してみました

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

3.11直後、孫正義氏の100億円寄付を受け、
彼を応援するつもりで
携帯電話をソフトバンクに切り替えました。

どこでも繋がっていたauから、
全く繋がらないソフトバンクへの切り替えは、
勇気が要りましたが、

実際、切り替えてみて、
こんなにソフトバンクの携帯電話が
地元では使えないとは思いませんでした。

当初、無償で貸与されるホームアンテナも試しましたが、
全く改善されませんでした。

購入した端末は、iPhone4です。

今も使っていますが、
先月、ソフトバンクは解約したばかりです。

プラチナラインにも期待したのですが、
全く恩恵の無いまま、
毎月6000円近く払うことに疑問を感じたからです。

自宅と店舗は、無線LANでWiFiが使えますので、
今やiPhoneはIP端末として、
SMARTalkというアプリを使い、音声通話もできています。

殆ど外出しない僕にとって、
これで十分と言えば十分ですが、

やはり、いざ外出するとなると、
公衆電話の激減した昨今では、
誰かに連絡を取ることが困難です。

月額380円の公衆WiFiスポットも契約していますが、
会話品質に耐える高速なWiFiスポットは、
そう、多くは無いのが現実です。

そんなこんなの日々を送っていたら、

この13日に、フリービット・モバイルという
システムがデビューしました。

月々2100円(初期費用3150円)で、
端末代込みでスマホが使えるという内容です。

キャリアを使ったスマホではなく、
データ通信を使ったIPスマートフォンです。

ソフトバンク時代には、
端末代別で毎月6000円前後支払っていましたので、
この価格は破格です。

ですが、こうしたビジネスが可能だということは、

フリービットを使わずとも、
格安で、そして外出先でも通話できる手段が
絶対にあるはずだと確信し、調べてみました。

結果として、ありました。

フリービットの端末は、
5インチ液晶の、一見今風のスマホですが、
メモリが4ギガと、あまりにも貧弱です。

OSは、アンドロイドを使っていますが、
流通しているアプリが走るかどうか疑問です。

でも、携帯IP電話の機能に絞った仕様だと捉えれば、
充分な装備なのかもしれません。

これと匹敵するものを市販品から集めると、
※市販品には、こんなチープな仕様はありませんが…
端末はGoogleのNexus5の16ギガ仕様が妥当です。

端末の定価は39800円です。
これに、データ通信用のSIMを用意せねばなりません。

仕様、価格とも満足の行くものとして、
ビッグカメラの製品で、
IIJmioウェルカムパック for BIC SIMを見つけました。

初期費用は、SIMカードの購入にかかる3150円だけです。

ですから、端末を準備するために、
総額42950円必要なことになります。

IIJmioの通信費は、家族3人でシェアできるプランがあり、
月々の通信データ量2ギガの使い回しが可能です。

これを一人分に換算すると、一ヶ月896円です。

2年のスパンで考えるには、
最初の端末代と月々の通信料を平均する必要があり、
算出された金額は、2686円でした。

一方のフリービットは、毎月の支払額2100円に加え、
初期費用3150円も考慮して平均すると、一ヶ月2231円です。

僅差です。

フリービットの金額を、455円上回りましたが、
市販品を集めただけで、
見事に月額455円の差で、IPスマートフォンが実現しました。

端末性能の圧倒的な差を考えると、
一ヶ月455円高くても、Nexus5を使いたいところです。

フリービットの、無駄を省いた専用端末を使い、
彼らの母体となる通信事業を自由に使えば、

端末代込みで毎月2100円、3年目から1100円という彼らの金額は、
充分に採算の合う内容だと言うことが判ります。

逆に言うなら、auやdocomo、ソフトバンクによる、
キャリア使用料が異常に高いことを意味しており、

国民の殆どが携帯電話を所有しているこの社会では、
物凄い金額がキャリア大手に流れていることが判ります。

多くの人がこれに気付けば、
家族一人あたり、年間5万円近く節約できるのですから、
家計も随分と楽になるのではないでしょうか。

通話に掛かる費用も、
IPスマホの方が圧倒的に安くなります。

あなたも、IPスマホに切り替えませんか?

感覚を変え、世界を味わう

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです

僕たちは、世界を体験していると信じています。

五感を通じて得たものを、
しっかり認識していると思っています。

ところが実際には、
こうした感覚をサンプリングしたあなたは、
それに関する概念化を開始し、

過去の体験と突合せ、
頭の中で自分自身との論議を始めるのです。

その会話の内容はと言えば、
判断、評価、比較、連想の連続です。

その結果、感じるはずの本当の世界と、
自分自身を切り離してしまうのですが、

それをわたしたちは現実だと思っているのです。

こうした余分なプロセスが、
今を楽しめない理由なのですが、

この原理を悪用したものが、支配構造社会の洗脳です。

彼らは、あらゆる手段を使って、
あなたの過去を、
もっともらしい情報で埋め尽くして来たのですから、

気付けなかったのは、あなたのせいではありません。

政治や経済だけでなく、
医療、福祉、教育、食文化に至るまで、
彼らに都合の良い図式に、全て書き替えられていますので、

もはや、気付くコトさえ困難になっています。

こうした洗脳から抜け出すための、
簡単なワークがあります。

第一ステップは、自分とのおしゃべりに注目してみることです。

何かを感じたとき、
自分は自分と、どんな会話をしているのか、
じっと観察してみて下さい。

これは、比較的簡単です。

これができるようになったら、次のステップでは、
何かを感じたら、何も考えない状態を作ってみます。

これは、簡単ではありませんが、
はじめは、数秒間で構いません。

すると、この数秒間のあなたは、
あなたの周りの感覚的な世界と、
100%繋がったことになります。

これが、「今」を味わうということです。

ワークを日々繰り返し、
この数秒間を、数分に引き延ばすことができれば、
あなたの人生は、大きく好転するでしょう。

僕は、朝のウォーキングの際、
薄暗い空を照らし始める光の織り成すファンタジィの、

その一瞬、一瞬を、この感覚で受け止めます。

感動で身体が満ちるのが判り、
その日一日が楽しくなります。

僕の生活スタイルが、朝のウォーキングを選び、
そのプロセスの中で、世界と100%繋がろうとしているだけで、
そのチャンスは、朝だけではありません。

世界はいつだって完璧ですから、
そこに気付けば良いだけのことです。

自分とのおしゃべりを止めて、
今、ココにあるものを、充分に受け止めることで、
意識の周波数は、ぐんと高まります。

今という瞬間に腰をおろすことで、
僕たちは世界を好転させる霊的な力を得るコトができ、
さらにそれを、放射するようになります。

ホンモノの「自信」とは、
こうしたエネルギーを軸にしたものであり、

経済力や社会的地位、容姿、健康状態などとは、
何の関係もありません。

イメージせず、意識せよ

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

ポジティブに生きるために、
世界中のコーチたちが、色々なコトを言います。

たとえば、「健康になった自分をイメージしなさい」と、
アドバイスするわけですが、

こうしたアドバイスを受けても、
うまく行かない場合が少なくありません。

どうしてでしょうか。

僕はコーチのプロではありませんが、
この指導の仕方では、特に相手が日本人の場合、
上手く行かないのは、ある意味、当たり前だと思うのです。

つまり、日本語が弱いのです。

①健康になった自分を●●する
②健康になろうと●●する

上の2文の●●に、それぞれ、
「イメージ」と「意識」を代入してみて下さい。

何か変でしょ。

①の文には、「イメージ」が相応しいのに対し、
②は「意識」が自然です。

「健康になった自分をイメージする」場合と、
「健康になろうと意識する」場合では、
何が違うのでしょうか。

前者は、頭で思い浮かべるだけなのに対し、
後者は、未来へ向けた、実践と実感が伴うのです。

健康になろうと頭で思い浮かべても、
思っただけで、実践が伴わなければ、何も起こりません。

これが、コーチングの失敗例です。

しかし、健康になろうと意識すると、
何等かの行動を伴う、引き金と成り得ます。

何故なら、なろうとする何等かが、
その人の内側に芽生えるのですから…。

これは、大きな違いですよね。

今、できていないことを達成したいのなら、
イメージするだけでなく、意識せねば達成しません。

こんな、言葉の魔法だけでも、
達成できるか否かが左右されるのですから、

大切な日本語を、
僕たちは、しっかり学びたいものです。

日本語と母音

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

僕たち日本人は、複雑でありながら優雅な言語を、
苦も無く使いこなせる力と文化を持っています。

五十音すべてに母音が絡むことで、
発声するだけで聖なる響きを持つという特徴もあります。

日月神示では、

オとウには、善的、曲線的、陰性、収束性、太陽のエネルギーが、
イとエには、智的、直線的、陽性、拡散性、月のエネルギーが、

そしてアには、これらを統一する役割があると記されています。

実際、母音をしっかり発声すると、
声帯を通じて身体全体が響きますが、

子音だけですと、空気を吐き出す音しかしません。

つまり、母音を正しく使うことは、
身体全体を響かせて、周囲のエネルギーを変性させ、

もっと大きく言うなら、
自然エネルギーと同調し、和合することができるのです。

一二三祝詞を唱えると、
周囲の雰囲気まで良質になるのは、

そういう現象が、
科学的にも起こっているからなのでしょう。

ですから、僕たち日本人は、
日本語と真摯に向き合うだけでも、

世界の波動を高めることのできる、類稀な人種なのです。

音霊や言霊が、日々の生活の中に、
否が応でも滲み込まざるを得ない文化を有していますから、
言葉の遣い方には、慎重であるべきでしょう。

ちなみに、日本語以外の言語に耳を傾けると、
子音だけの音が、とても多いことに気付きます。

僕たちと人種の似た東洋の言語でも、
子音だけの音を連発します。

ロシアなどでは、発音が全て子音の町名もあるほどです。

子音の多い言語は、
大きく発声しないと相手に聞こえませんから、

結果として、自分の意見を、
相手に強く印象付けることになります。

沖縄には、基地の関係でアメリカ人が沢山いますが、
彼らの会話を聞いていると、
かなりの大声でやりとりしているのが判りますし、

観光で来沖する中国人も沢山見かけますが、
彼らの発声を聞いていると、
まるで喧嘩をしているような会話に感じとれます。

日本語を使える外国人ジャーナリストによると、
日本語でしゃべると、自分が温和に、
そして冷静になることが判るけれど、

母国語でしゃべりはじめると感情的になり、
そのせいで、論議や喧嘩では、
ついつい母国語になってしまうのだとか。

バイリンガルの方は、
こんな葛藤を抱えてらっしゃるんですね。

小さな頃から外国語を学んだり、
海外に暮らして日本語を忘れたりするのは、
精神性を高める意味では、良いことではなさそうです。

外国語を勉強するのも良いですが、
その前に、日本語をしっかり固めたいものです。

そういう僕ですが、
ドキュメンタリー映画「スライヴ」に出会って、
未来のために、世界の仲間と繋がらねばと思い、

英語をしっかり習得しようと頑張った時期がありました。

しかしです。

僕が英語の勉強をしようと机につくと、
猫のチアさんが邪魔をしに来るのです。

それも、たまにではなく、必ずです。

凄い顔をして、僕を睨みつけます。

無視して勉強しようものなら、
その大きな身体を使って、
本やノートの上から動きません。

これは一体どういうことだろうと、
ずっと疑問に思っていましたが、

こうした聖なる理由を、
彼女は身体をはって教えてくれていたようです。

レメディの輸入などで、
英語と関わらないワケには行きませんので、

最低限のコミュニケーションができる英語力を維持しつつ、
日本語と、しっかり関わって行きたいと思います。