子供に見せる背中

ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

僕の暮らす喜舎場集落は、
火曜日と金曜日が可燃ゴミの収集日です。

店舗や自宅で出たゴミを捨てる他に、

ひかりあめ前の通りを掃除した際に出たゴミも、
これらの日に処分できます。

ひかりあめ界隈は、子供用の公的施設が多く、

保育所、幼稚園、子育て支援センター、
そして小学校と4施設もあり、

子供や、子供連れの大人たちが、
沢山行き来する場所でもあります。

入学式や運動会などのイベントがあろうものなら、
人と車で、大混雑を見せます。

そんな通りに、ポイ捨てされるゴミも実に多彩で、
平日はコンビニの惣菜袋、惣菜の串、

空になったカップ麺や割り箸、割り箸の袋、
そして、パック入り飲料の空、ストロー、ペットボトルなど、

殆どが、学校帰りにコンビニを利用した子供たちが、
食べながら歩いて、捨てて行ったものです。

こうした悪癖は、子供たちが悪いのではなく、
そうした子供たちの家族、殆どは両親でしょうが、

ゴミを平気で捨てる姿を見せたから、
子供たちは、それを当然と思って実行しています。

大人たちの悪態、醜態を、
その背中を見て、学んでしまったワケです。

ポイ捨てされているゴミで、次に多いモノは、
煙草の吸殻や、煙草の空き箱です。

口紅のついた煙草の吸殻も沢山あり、

そんな母親の横姿を、
子供たちが見ていたと思うと、切なくなります。

そうしたゴミの中で、僕が最も辛いと感じるのは、
使用済みの紙オムツでしょうか。

これには、コメントのしようがありません。

僕は、かつてはこうしたゴミを、
通りに往来の無い、早朝に拾って処理していました。

ですが最近は、
わざわざ、子供たちの通学時間帯に行います。

ゴミを平気で捨てる親を、
見てしまった可哀そうな子供たちのために、

ゴミを拾う人がいることを、
そして、その爽快感を伝えるためです。

だいぶ以前にも、当ブログで書いたことがありますが、
ゴミを捨てる人は、例外なく波動を落します。

ですが、ゴミを拾う人は、波動が高まったり、
浄化(波動整形)されたりします。

ですから、ゴミを一つ拾う度に、
僕の身体は、とても清々しい気分に満ち、

自らの波動を、高い状態で維持することができます。

もちろん、そんな姿を見たところで、
ゴミのポイ捨てに慣れ、思考の麻痺している大人たちの、
その心に届くとは思えませんが、

子供たちのピュアな感性なら、
僕の仕草の真髄まで、理解することができるはずです。

だから、あえて、

僕のゴミを拾う背中を、子供たちに見せるように、
心掛けるようにしました。

嬉しそうに挨拶して来る子も多く、
彼らの心に届いた証拠だなと、ハッピーにもなります。

きっと、日本中のあらゆる集落で、
道にゴミが落ちていることでしょう。

ですが、それを当たり前と捉えず、

子供たちに良い刺激を与える好チャンスとして、
ぜひ、ひとりでも多くの方が、

子供の見ているその前で、
そうしたゴミを拾って頂きたいと思います。

新しい「齋藤」

ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

昨日の定休日、いつものように、
朝のウォーキングに行こうと玄関を出ると小雨模様。

どうしようかな…と、

玄関の軒下で、暫くボォーとしてると、
わが家の「齋藤」の表札に、目が留まりました。

僕は、本名を「齋藤暢弘(さいとうのぶひろ)」と言います。

小冊子や著作を読まれた方は、ご存知のことですが、
すっかり定着している「ゆうすけ」とは、
歌手時代の芸名です。

この家には、2010年の春から暮らしていますが、
その表札は、当時のパートナーからプレゼントされたものです。

購入当時は、もちろん綺麗でしたが、
数か月もしないうちに、表面の艶が無くなり、
風雨に打たれて、劣化がどんどん進みました。

そうこうしているうちに、翌年の春、
彼女が最初の精神疾患を患って入院し、

その後、昨年の秋までに、
3回の入退院を繰り返し、

彼女の管理責任について、彼女の両親から散々責められ、
半ば強引に離婚させられたのが昨年末。

とはいえ、さすがに3度目の入院の前には、
もう僕たちのパートナーシップに、限界を感じていました。

そして、昨年末の離婚に至った際、
ふと気付けば、その表札は、見るも無残な状態で、

まるで、当時の僕を象徴するかのようでした。

新しく交換したくても、
建物本体に強力な接着剤で固定されており、

取り外すことすら困難な状態でした。

そんな、苦しかった4年の歴史を思い出しながら、
ヨレヨレになった表札を見つめていると、

先日亡くなった父親が出て来て、
※しかも、かなりリアルに…

自分の道具箱に紙ヤスリが入っているから、
表札の表面を丁寧に磨きなさいと、僕に目くばせをします。

父の道具箱とは、エンジニアだった彼の現役時代、
沖縄出張の際に、機械修理するための道具を、
僕の家に一式置いてあったものです。

紙ヤスリなんて、あったかなと思いながら、
道具箱を開けてみると、確かに一枚入っていて、

ヤスリを掛けるのに丁度良いサイズの
当て板まで入っていました。

それから小一時間、父の助言に従い、
淡々とヤスリを掛けました。

はじめは、やっても無駄なように見えましたが、

30分程経過した頃には、綺麗な木目が見え始め、
1時間後には、見違える程に美しくなりました。

しかし、このまま放っておいては、
また、すぐに劣化してしまいます。

DIYセンターで市販されている、色々な保護剤を、
以前の家で試した経験がありますが、

沖縄の強烈な日光と風雨には、
どんな表面コーティング剤も、歯が立ちませんでした。

その時、ふと思い出したのが、
木製の食器をメンテナンスする時に使う亜麻仁油です。

この油で、木製食器同様に、
コマメにメンテナンスしてやれば、
良いじゃないかと、思い付いたのです。

まさに、日頃の料理から湧いた智恵です。

料理用の有機亜麻仁油を、
不織布製のキッチンクロスに少量付け、
丁寧に表札を磨き込んでやると…、

新しい「齋藤」

…こんなに、綺麗に蘇りました。

親父の掌が、僕の右肩にあるのを感じたのを最後に、
彼の気配は消えましたが、

新しい「齋藤」の歴史が、
始まったんだなという実感、

人生に対する嬉しさと喜びで、
心身が満たされるのが判りました。

僕は、今回の父の葬儀では、
一度も涙を流しませんでした。

死の本質を知っていることは、確かですが、

周囲の親族が皆泣いているのに、
きっと非情な人間に映ったコトでしょう。

色々苦労させられた父でしたが、

沖縄の好きな人だったので、
四十九日までは、
こうして一緒にココに居るんだろうと思うと、

嬉し涙が、込み上げて来ました。
やはり僕も、人の子でした。

復活したミムラスの開花

ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

昨日午後、帰省から戻ると、
昨年の梅雨に全滅したと思っていたミムラスが、
見事に開花していました。

復活したミムラスの開花

プランターの土の中で、あの極小の種子たちが、
再生のタイミングを見計らっていたようです。

種子からの発芽を確認した2ヵ月前は、
雑草かなと思っていたのですが、

独特の赤みを帯びた葉が土の上に拡がり出し、
ミムラスの復活を確信していました。

1月11日に帰省した際には、
開花どころか、まだ蕾も無かったのすが、

この8日間の、沖縄の気候を気に入った彼女たちは、
どうやら開花する決心をしたようです。

一方、帰省していた僕の方はと言えば、
普段の健康的な生活とは、全く無縁の8日間でした。

いつもの朝を彩るはずのグリーンスムージィの代用品は、
市販の野菜ジュースとなり、

野菜にも充分にありつけず、

加熱食ばかりで酵素不足となり、
体調の優れない一週間を過しました。

昨日、自宅に戻ってから、
久しぶりの入浴をしたのですが、

帰省先の埼玉は極寒で、
風呂に入る気持ちにはなれず、
8日間の滞在で、たった3回入浴しただけでした。

入浴前に体重を測ってみると、2キロ増えており、
入浴後は吐き気が酷く、ずっと床に入っていました。

今朝までに葛根湯を2回飲んだせいか、
沢山の汗を掻いて朝を迎え、

胃の上部に、まだ違和感は少々あるものの、
昨日から比べると雲泥の差の好調な身体を感じ、

さっそく、開店に向け、
店の掃除をはじめました。

掃除後、入浴をしたのですが、
入浴前の体重は、2キロ減っていました。

つまり、2キロ分の毒素を抱えていたようです。

昨日、足底のツボをマッサージしてみると、
肺と気管支の反射区が両脚とも激痛でしたが、

ブログを執筆している現段階では、
その痛みも殆ど無くなっています。

帰省先の埼玉の環境の悪さ、
※きっと、放射能の影響もあったでしょう…

また当然ながら、波動の良いワケのない、
葬祭場や火葬場での長時間に及ぶ滞在は、

2キロ分もの毒素を、体内に溜めてしまったようです。

特に15日の通夜式の晩は、
母親と一緒に葬祭場に宿泊までしましたので、

身体に良い影響が出るはずもありません。

四十九日の法要が来月末に予定されており、
それまでも、広島に住む妹と連絡を取りながら、
実家の母親のサポートを続ける必要はありますが、

お陰様で、この一晩で体調は復活しましたので、
今日からは、溜まりに溜まった仕事を、
ガンガン片付けようと思います。

ご利用者の皆様には、
大変ご不便をお掛けしました。

ご理解の程、有難うございました。

父が他界しました

ゆうすけです。

昨年末に倒れた父が、
今朝未明、亡くなりました。

86歳でした。

そのため、
明日の超次元健康教室の直前ではありますが、
急遽、今夜の便で実家に帰省いたします。

長男でもありますので、
帰沖の日時は、現段階では判りません。

なお、明日の超次元健康教室は、
予定通り開催いたします。

宮国なぎささんによる、
呼吸法&ヨガ・ワークショップをメインで行い、
当方不在のため、講演はお休みとさせて頂きます。

本講演を楽しみにされていた皆様には、
本当に申し訳なく思っています。

その分、超次元ヨガをお楽しみください。

僕も、自分専用のヨガマットを購入し、
やる気満々だったので、とても残念です。

当方の留守中、スタッフの萌がおりますので、
電話によるお問合せは、承ることが可能です。

またメールや、
お問合せフォームからのご連絡についても、

可能な限り、持参します携帯端末から、
対応させて頂きます。

宜しくお願いいたします。