子供に見せる背中

ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

僕の暮らす喜舎場集落は、
火曜日と金曜日が可燃ゴミの収集日です。

店舗や自宅で出たゴミを捨てる他に、

ひかりあめ前の通りを掃除した際に出たゴミも、
これらの日に処分できます。

ひかりあめ界隈は、子供用の公的施設が多く、

保育所、幼稚園、子育て支援センター、
そして小学校と4施設もあり、

子供や、子供連れの大人たちが、
沢山行き来する場所でもあります。

入学式や運動会などのイベントがあろうものなら、
人と車で、大混雑を見せます。

そんな通りに、ポイ捨てされるゴミも実に多彩で、
平日はコンビニの惣菜袋、惣菜の串、

空になったカップ麺や割り箸、割り箸の袋、
そして、パック入り飲料の空、ストロー、ペットボトルなど、

殆どが、学校帰りにコンビニを利用した子供たちが、
食べながら歩いて、捨てて行ったものです。

こうした悪癖は、子供たちが悪いのではなく、
そうした子供たちの家族、殆どは両親でしょうが、

ゴミを平気で捨てる姿を見せたから、
子供たちは、それを当然と思って実行しています。

大人たちの悪態、醜態を、
その背中を見て、学んでしまったワケです。

ポイ捨てされているゴミで、次に多いモノは、
煙草の吸殻や、煙草の空き箱です。

口紅のついた煙草の吸殻も沢山あり、

そんな母親の横姿を、
子供たちが見ていたと思うと、切なくなります。

そうしたゴミの中で、僕が最も辛いと感じるのは、
使用済みの紙オムツでしょうか。

これには、コメントのしようがありません。

僕は、かつてはこうしたゴミを、
通りに往来の無い、早朝に拾って処理していました。

ですが最近は、
わざわざ、子供たちの通学時間帯に行います。

ゴミを平気で捨てる親を、
見てしまった可哀そうな子供たちのために、

ゴミを拾う人がいることを、
そして、その爽快感を伝えるためです。

だいぶ以前にも、当ブログで書いたことがありますが、
ゴミを捨てる人は、例外なく波動を落します。

ですが、ゴミを拾う人は、波動が高まったり、
浄化(波動整形)されたりします。

ですから、ゴミを一つ拾う度に、
僕の身体は、とても清々しい気分に満ち、

自らの波動を、高い状態で維持することができます。

もちろん、そんな姿を見たところで、
ゴミのポイ捨てに慣れ、思考の麻痺している大人たちの、
その心に届くとは思えませんが、

子供たちのピュアな感性なら、
僕の仕草の真髄まで、理解することができるはずです。

だから、あえて、

僕のゴミを拾う背中を、子供たちに見せるように、
心掛けるようにしました。

嬉しそうに挨拶して来る子も多く、
彼らの心に届いた証拠だなと、ハッピーにもなります。

きっと、日本中のあらゆる集落で、
道にゴミが落ちていることでしょう。

ですが、それを当たり前と捉えず、

子供たちに良い刺激を与える好チャンスとして、
ぜひ、ひとりでも多くの方が、

子供の見ているその前で、
そうしたゴミを拾って頂きたいと思います。