手軽で旨い刻み昆布汁

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日の純菜食レシピのテーマは、

・もちろん純菜食
・即席で作れる
・片付けも楽ちん
・文句なく旨い
・食べ応えがある
・低コスト
・繊維質とミネラルが豊富

…という内容です。

仕事の前に、ちょっと食べたい、
時間が無いけれど、美味しく食べたい、
そんな時に、有難いレシピで、
色々と応用も効きます。

用意する食材も、実にシンプルです。

・刻み昆布…4~5グラム
・醤油…小さじ1
・塩麹…小さじ1
・納豆…1パック

汁椀に、納豆以外の全部を入れ、
熱湯を半分まで注ぎ、昆布が膨らむまで数分待ちます。

刻み昆布の量ですが、
最終的に6~7倍に膨れますので、
欲張って入れすぎると、
お腹の中で膨らんで後悔しますよ(笑)

分量の中に塩麹がありますが、
お手元になければ、醤油を倍量にして下さい。

昆布から出る出汁に、
発酵食品の旨味が3つ重なりますので、
かなり美味しい汁になります。

とろろ昆布も、美味しいんですが、
刻み昆布ですと、断然低コストになります。

刻み昆布汁

数分待って、さらに熱湯を半分足し、
納豆を入れて、ざっくり混ぜれば完成です。

僕の写真、下手ですよねぇ。
実物の見た目は、かなり美味しそうです(笑)

豊富な繊維質とミネラル、
そして発酵した大豆の栄養価も期待でき、
腹持ちも良い一品です。

おろしたニンニクを少量加えたり、
胡麻油(太白ではなく焙煎)を数滴垂らしても、
美味しく頂けます。

刻み昆布が、まるで麺のようになりますので、
量を調整すれば、サイドメニューとしても、
主食としても成立します。

後片付けも簡単で、
納豆が入っていますが、
ヌメリで悩む心配もありません。

ぜひ、お試し下さい。