祝!乾癬快癒…補足3点

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

僕と乾癬との最終決戦における、
日々のケアのご報告として、

大切な補足事項がありました。それは…、

①小麦は食べない
②酸化した植物油を摂らない
⓷シアバターによる保湿

…の3点です。

一点目から、詳しくお話ししますね。

長期に渡った食養生で、
小麦がココまで影響力があるとは、
正直、思っていませんでした。

しかも、完全なグルテンフリーの必要はなく、
「食べない」がポイントで、

液体状になった飲み物や調味料であれば、
僕の場合は、問題になりませんでした。

僕は、体質的に小麦アレルギーなのではなく、
グルテンとの消化時の相性だけが、
問題だったからです。

そのため、パンや麺などの食品からの摂取だけ、
完全に小麦を切るコトが大切でした。

反対に、

外食などで気付かず、
うっかり小麦を食べてしまうと、
例え少量でも、乾癬は悪化しました。

かつて、

完全なグルテンフリーを心掛けていた頃、
醤油に小麦不使用の製品を使っていたのですが、

味が気に入らず、
ストレスになってしまいました(笑)

そこで、試しにと、

醤油は小麦を使った有機製品に戻しましたが、
症状の悪化は、ありませんでした。

また、二点目の植物油についてですが、
例えば、市販の豆菓子や、
チップス系食品のコトで、
油で揚げた加工食品は、完全に切りました。

こうしたジャンクなモノは、
基本的には全く購入していませんが、
頂戴する場合が稀にあります。

僕がベジタリアンだと知っている方が、
塩味のポテトチップスなら大丈夫だろうと、
差し入れで頂く場合など、

以前はご厚意を無駄にしないために、
食べていましたが、

その後の症状の悪化が顕著だったので、
丁寧にお断りするようにしました。

それだけ、市販の加工食品系で、
油を使用している製品は、
酸化していると言うコトです。

ちなみに、自宅で料理する場合も、
僕はフライ調理はしません。

補足の最後となる三点目の保湿ですが、

特に顔の症状が悪化すると、
気分は落ちるモノで、

そんなときは、
即効性のある保湿をしたくなります。

乾癬を持つ人の患部は、
その代謝速度が過剰になっているので、
乾燥する速度も半端ではありません。

そんなとき、石油系のワセリンは、
保湿効果が高いため、
手が出やすくなるのです。

しかし、皮膚という部位は、
排泄器官ですので、

ワセリンで蓋をしてしまうと、
保湿効果は高いのですが、
皮膚が窒息してしまうのです。

石油系素材の持つ毒性も、
多くの方が指摘していますが、

例え、その毒性が無かったとしても、
皮膚の窒息は治癒を妨げます。

その対策として、僕が使ったのが、
写真の右から2番目の、シアバターでした。

少量でも、良くのびますし、
ワセリンのように、
皮膚を完全に蓋をしませんので、
窒息させるコトはありません。

この違いは、治療の後期では、
特に良く判りました。

ちなみに、シアバターの代わりに、
蜜蝋という選択肢もあるでしょうが、

ベジタリアンの価値観では、
蜜蝋は選べませんでしたので、
そちらの効果は不明です。

蜂たちに迷惑を、
掛けたくありませんからね。

一人でも多くの乾癬患者さんたちが、
その苦しみから解放されますように…。