夫から生活の楽しみ方を教わる

こんにちは! 智子です。

今回は、生活の楽しみ方について
私が、日々、感動しながら学んでいることをシェアしますね。

みなさんは、家事をどのような心持ちでされていますか?

家事の中には、得意、不得意や、
好きなこと、苦手なことが、あるのではないでしょうか。

結婚するまでの私にとって、
家事は「しなければならないこと」であり、
時間に追われながら行うものでした。

ところが今、その“家事観”が、大きく変化しています。
時間に追われることもなく、気持ちよいからやっているのです。

なぜ、長年の生活習慣によってできた価値観が
短期間で変化したのでしょうか。

その理由は、家事の才能に秀でた師匠から、
楽しく学んでいるから。

師匠とは、夫のことです。

夫には、家事の才能があります。
家事の才能、というより、生活の質を上げる才能、
といった方が、しっくりくるかもしれません。

私に、家事の才能はありませんが、
彼のおかげで、家事=義務 ではなくなりました。

夫は、料理や掃除など、家事が楽しくて仕方ないそうです。
彼のつくる料理には、涙が出そうになることもあります。

人には素質があり、楽しんで楽に行えることや、
頑張っても、楽しみを見出すことができず、
なかなか上達しないと感じることもあるかと思います。

ちなみに、素質がある・ないは、
あるから良いとか、ないから悪いということではなく、
素質がないことに劣等意識を感じる必要もありません。

どのような人にも、なんらかの素質があります。

素質を磨いて生きていると、
自然と、その人も周りの人も輝くのではないかなと、
家事を楽しむ夫を見ていて思うのです。

よく、「本物を見なさい」とか、
「一流の人から学びなさい」と言われます。

本物、一流から学ぶことのパワフルさ。
それは、本質を伝え受けるところにあるのではないでしょうか。

さて、家事が得意でない人が、いきなり、
夫の家事を “ How to ” から取り入れようとすれば、

ハードルが高く感じたり、力んで三日坊主になったり、
「私には無理」と思ってやらないような気がします。
私なら、きっとそうなります(笑)

ですから、まず、その人のあり方から、本質を学ぶ。

How toの部分は、「なぜそうするのか」を理解したなら、
自由に、人それぞれで異なっていてよいのです。

さて、次のブログでは、生活を楽しむ方法について
具体的にお伝えしていきますね。