スタッフ紹介

ひかりあめ ゆうすけ

ひかりあめ ゆうすけ

唄う調和療法家。目の故障をきっかけに、20年に渡るロボットエンジニアのキャリアを捨て、沖縄に移住。自らのパニック障害を通じて、自然由来の療法に出会い、ひかりあめを北中城村に開く。自然則を活かした、心身に優しい独自の調和療法によって、薬も通院も不要な暮らしを提唱する。2009年の初著出版後、エコロジカルな生活に目覚め、純菜食家となった。1959年、東京都出身。自然則に沿った生き方の実践で、身体年齢は実年齢マイナス30歳。

智子(さとこ)

伝える調和療法家。調理師、料理教室の講師、コールセンターのオペレーターを経験。幼少期より身体が弱く、通院、服薬を繰り返してきたが、ひかりあめのとの出会いをきっかけに心身の不調を心地良く改善。自分らしく生きることの大切さを知るとともに、長年の服薬も不要となる。活動の原点は、自分のまわりも様々な枠を超えて、のびのびと独自の幸せを生きること。そしてどんな地にも、愛と種を見出すこと。東京都出身。